モディアノ翻訳計画

少し気が早いですが…モディアノ作品をもし次に訳すとしたら、という視点からの、モディアノ旧作レヴューです;)

恐ろしく高度で、瀟洒。洗練の極致を示す、夢、または寓話。ため息。

modiano20142014年ノーベル文学賞受賞にともない、モディアノ最新刊 Pour que tu ne te perdes pas dans le quartier が関係者に配布されており、僕も読んでみました。
まず、モディアノ文学がまた新たなレヴェルに到達した、ということがいえると思います。非常に完成度の高かった『失われた時のカフェで』に続いた、L’horizon (2010)、L’herbe des nuits (2012)この2作はやはりやや実験的で、跳躍への準備でもあった、ということが回顧的には判ります。
日本語に訳す、というようなことさえ考えなければ(笑)、それこそフランス人読者であれば、だいじに読んで二晩、というところでしょうか。再び三人称を採用したこともあり、とくに前半はまたがくんとリーダビリティが上がっている、いつものミステリ・タッチが、殆んどほんとのミステリ小説のよう(笑)
より客観的で、ゆえに非常に読みやすい、というしかない、見事な仕上がりになっています。
後半に至って遂に Continue reading

Posted in bibliothèque, ナラション理論, パトリック・モディアノ, モディアノ翻訳計画, 翻訳 |

モディアノ翻訳計画*Vestiaire de l’enfance〜評価を決定づけた未訳の傑作。

さて、こちらの連載『モディアノ翻訳計画』も、いよいよ佳境に…!?(笑)ということで、日本ではなぜかまったく翻訳されていない、モディアノ、中期の傑作を見てみたい、と思います;)

パトリック・モディアノ…確かにLa place de l’étoile は峻烈なデビュー作だし、フランスを代表する新人文学賞・ゴンクール賞に輝いたRue des boutiques obscures は重要な作品でしょう。邦訳のあるこの後者は日本でもモディアノ・ファンにはとくによく読まれている作品だろうと思います。
『失われた時のカフェで』併録「『失われた時のカフェで』とパトリック・モディアノの世界」でもご紹介したとおり、韓国ドラマ『冬のソナタ』との関連もありますし…;)
しかし、フランスでモディアノの代表作、といえばむしろ90年前後の長篇小説、モディアノが所謂『注目の新鋭』から押しも押されもせぬ重要な作家へ…と移り変わったこのVestiaire de l’enfance そしてそれにつづくVoyage de noces…このあたりがやはり真っ先に挙げられるところ、いちばん定評のある作品ではないか、と思います。今回ご紹介/検討してみたいのは、その問題の日本未訳の傑作、Vestiaire de l’enfance です;) Continue reading

Posted in bibliothèque, パトリック・モディアノ, モディアノ翻訳計画, 翻訳 |

モディアノ翻訳計画・番外篇*L’Horizon〜ほんとうの悲しみと幸福を知る、大人のための“ファンタジー”

パトリック・モディアノパトリック・モディアノ紹介ページMODIANO Japonを開設し、当然本国最新刊L’Horizonを紹介しなくては…と表紙を掲載しましたので、モディアノ翻訳計画・番外篇としてこの作品もレヴューしておきます;)

…前置きになりますが、“番外篇”、というのは(前置きの終わり、作品のレヴュー自体はこのあたりから始まりますのでよろしくお願いします;)
2010年春、この作品が出版された時点で、既に『失われた時のカフェで』初訳が相当進んでいた、ということもあったのですが、書店店頭でぱらぱらとページをめくっただけで、《あ、ダメだ。この作品は、訳せない。。。》と思ったからです(笑)

まず、『失われた時のカフェで』(以下、主に『時カフェ』と略。c.f.=>)と同じ、精巧な時間性、テンポラリテの問題があります。

…たとえば前半に多く見られる大過去を中心としたナラション、『時カフェ』でも出てきたのですが、大過去から入って複合過去や単純過去に動かれると、日本語でのこの再現は難しい。そういう時制自体はありませんから。逆の動きならまだなんとかなるのですが。
『時カフェ』にもこの形は出てきますが、短いシークェンスで、かろうじて日本語で表現することができた部分もありました。

また同じく『時カフェ』訳出で相当悩んだ所謂“ナラションの現在形”。『時カフェ』では、結局ど根性で(笑)そのまま、どーんと現在形に措いてしまいましたが、結果的にあの作品のなかでは、日本語としての違和感よりも原文と似た印象を与える効果を生むことができたのではないか、と思います。
(最終章に出てきますね…;)
しかしL’Horizonの場合、この手が上手くいくかどうか…。

そしてそれよりもなによりも、ぱっと見て《あ、ダメだ。。。》と思った理由は、この作品、所謂『三人称』の小説(c.f.=>)だから、です(笑)

そもそも僕は、これまで主に所謂『一人称』の小説を書いてきました。『一人称』なら、多少日本語では表現しにくい原文であっても、これまで自分が自分の日本語の小説で培ってきたテクニックや経験にもとづいて、訳文から原文と似た効果を引き出すいろいろな微調整ができます。しかし『三人称』となると、僕の中にそういう引き出しがない、日本語の語法自体から考えていかないとならないわけです。

そういう個人的な問題を横へ置くとしても、具体的にたとえば、例の自由間接話法の問題があります。

「えー、自由間接話法については、独自の訳出法を編み出したんじゃなかったの?」

と、『失われた時のカフェで』併録の解説「『失われた時のカフェで』とパトリック・モディアノの世界」まで読んで下さった方は怪訝に思うかもしれません。
…うーん、そこなんです(笑)

直接話法・間接話法・自由間接話法は、それぞれ登場人物のことばを伝えることができる話法です。僕が『時カフェ』の自由間接話法の訳出で試みたのは、この部分です。
しかし同様に、自由間接話法では—そして直接話法・間接話法と同じかたちでも—登場人物の意識や主観、考えや内声を伝えることができます。
さて、所謂『一人称』の小説では、これらの話法で伝えられる主観はだれのものか、といえば、原則として、話者の主観です。そしてそれが話者のものであれば、主観や内声であっても、ことば・発話であっても、翻訳にあまり頭をひねる必要はない、と僕は思います。
しかし所謂『三人称』の小説では、原理的には、あらゆる人物の主観や内声が伝えられるということになります。とくにそれが自由間接話法だった場合、一体これをどう処理するのか。直接話法的に訳してしまうのか。所謂地の文と同じにしてしまうのか。あるいは直接話法と所謂地の文のあいだのどこかで、テキトーにいい感じに訳してしまうのか(笑)それとも、ここにも何か新しい道、第四の道が見出されるのか…。なかなか悩ましいものがあります。

(自由間接話法については、「『失われた時のカフェで』とパトリック・モディアノの世界」でも十分に説明ができませんでしたので、もしこのあたりの説明をもっと読んでみたい、という方がいらっしゃるようでしたら、こちらのHPでまたそういう記事を書かなくては…と思っているのですが。。。如何でしょうか?;)

    追記:結局記事を執筆しました。大作(笑)ですので、どうぞじっくりお楽しみ下さい!=> 自由間接話法とは何か

ところが、一モディアノ読者の視点から見れば(さて、このあたりからがいよいよ本題、作品自体のレヴューです;)
「やや!この作品はぜひ読まねば…」と思う理由もまさにここ、この作品では、モディアノが全面的に所謂『三人称』のナラションを採用している!ということでしょう;)

Posted in bibliothèque, ナラション理論, パトリック・モディアノ, モディアノ翻訳計画, 翻訳 |

モディアノ翻訳計画*Des inconnues『見知らぬ彼女たち』

さて、お待たせしました、『モディアノ翻訳計画』;)次に見てみたいのは、1999年の作品集、Des inconnues です。

パトリック・モディアノ今回の新刊『失われた時のカフェで』を僕が訳してみよう!と遂に決意したにあたっては、そういうわけで、さまざまな理由があったのですが(笑)そのうちのひとつが、ヒロイン・ルキのナラション(語り)の魅力、でした。

僕は小説家としてのキャリアは既に比較的長いわりに、なにしろ非常に慎重ですので(笑)まだまだトライしていないことがたくさんあります。女性の、所謂“一人称のナラション”も然り、です;)——日本語の場合は今日もなお“女ことば”というものもあって、これは日常的に自分ではまったく使わないランガージュですから、これを作品のナラションの中心にする、というのは当然なかなかチャレンジングなわけです。(しかし、僕は最初から所謂“標準語”で小説を書いていますから、自分の日常的なことば遣いと小説のランガージュを最初から意図的に分離してきた、ともいえるのですが。。。;)

…ともかくこの魅力的なルキのナラションを日本語で再現する、ということが、つまり、たいへん魅力的に思えたわけです(笑)実際、簡単ではなかったけれど、訳していていちばん筆が乗った部分、でもあったかもしれません;)

ところで、『失われた時のカフェで』巻末に併録いたしました50ページにわたる力作モディアノ論;)「『失われた時のカフェで』とパトリック・モディアノの世界」を既にご覧下さった方はご存知の通り、このルキのナラションによる第3章はDes inconnues に収録されていてもおかしくなかった、といっているモディアノ研究者もいるように、3篇の短篇作品から成るDes inconnues は3人の若い女性の語りによる3話によって構成されているのです…。

さて、前回に続き、もし僕がこの作品を訳すとすれば、ですが;)
いちばん批判を受けにくい訳題は、あるいは『知られざる彼女たち』、というあたりでしょうか?
しかし、僕としてはそこをひと押して『見知らぬ彼女たち』としてしまいたいです;)

帯案はとくに考えていませんが(笑)原著の表4に印刷された本文からの引用、これが既にたいへん魅力的です。ざっと仮に訳してみると、たとえば:

私は恐かった。眠りに落ちるのが。そして彼女に打ち明けてしまうのが。眠りの中で、私が自分に、ずっとまえから、こんなに長いあいだ抱えてきたことを:ルネ。犬。失くなった写真。屠殺場。朝とても早く、目を醒まさせる蹄の音…。

…どうでしょう?;)

また、第1挿話には、以前Twitterでもご紹介した、こういう非常に印象的なナラションもあります:

彼が嘘をついてたとしても私は悪く思ったりしなかった。結局、彼の嘘もまた、彼の一部だったのだから。

…えーっと、これは全体の中ではもうちょっと譲歩のニュアンスを強調して訳すべきだと思うのですが、一文単独のcitationとしては、こういう感じがいいと思うのですが;)

非常に魅力的な作品集だと思います。
で、ここで例によって、difficulté、この本を訳すとした場合の困難、です;)
『失われた時のカフェで』のルキのパートをじっくり読まれた方は、あるいは頷いてくださるのではないか、と思うのですが…あのパート、魅力的ですが、非常にメランコリック、いってみれば、まぁ、非常に暗いですよね?(笑)

つまり、ああいうナラションが、3連発でくる、となると…読後感は、これは、相当に重いわけです(笑)
しかし僕としては、この作品集にもたいへん惹かれるものがあり、可能であれば、ぜひ訳してみたい、とも思います。3人の女性のそれぞれの孤独がひしひしと胸に迫ってくる。また自分自身の興味としても、今回たいへん面白かった女性のナラションの日本語による再現を、さらに何作かやってみたい…。ですから、『失われた時のカフェで』のなかでも、とくにルキのパートが好きだった、モディアノ作品のなかでも、とくにああいうテイストのものをもっともっと読んでみたい!!という方がたくさんいらしたら、まさにこれは打ってつけの作品、なのですが…如何でしょうか;)

Posted in bibliothèque, パトリック・モディアノ, モディアノ翻訳計画, 翻訳 |