2018年、ドビュッシー・イヤーをふりかえる。

tumblr_p5yc0pU9Mv1qzh5yco1_1280

N’écoutez les conseils de personne, sinon le bruit du vent qui passe et nous raconte l’histoire du monde.
– Claude Debussy

誰のことばにも、耳を貸すな。
ただ、ざわめき、風のわたりゆき、語る世界の物語の他は。

– クロード・ドビュッシー

2018年は没後100周年のドビュッシー・イヤーでした。
好きな作曲家、音楽家はと訊かれれば、ドビュッシー、いろいろあっても決して変わることのない、僕にとっては10代以来、これは不動の1位を守り続けてきたわけですが(笑)
ドビュッシー・ファンにとって、今年はまさにお祭りのような1年、これだけ長くドビュッシー・ファンをやってきてw よもやドビュッシー・ファンなどというものに(笑)こんなrewardingな年が訪れるとは…夢にも思わなかった1年でした;)
特に命日に当たる3月25日は、ラジオフランスの音楽局が丸1日ドビュッシーで押し通し、中でもそのピーク・ポイントは、パリ16区、パッシー墓地から生放送、フランス国立管のフルートの1番に、ドビュッシーの墓前でフルート独奏曲「シランクス」を吹かせた、こちらです: 続きを読む

Posted in Online readings…, パリで私が見つけたもの, 音楽 | Tagged , ,

帰ってきた!ベストバイ・ショパン〜4つのバラード

chopin op 23 derniere page旧サイト時代に、ベストバイ・ショパンというページを作り、当時はかなり多くの人が見にきてくれていました。
それ以降もショパンはやはり間歇的に(笑)聴き続け、自分なりのショパン体験も多少は積み重なった気がしますが、なかなかまとめてみる機会はありません;)
そこで今回は、バラード4曲に絞ってベストバイ形式、いまこの4曲を、それぞれ重複することなく4人の異なった奏者で揃えるとすると…という妄想に(笑)しばし耽ってみることにしました。

バラードという曲種は、そのバラードという名称が、元は物語的な内容を持つ詩であったとよくいわれることもあって、非常にナラティヴなピース、という感じがいたします。
様々な楽想が、時間の経過に従って順番に現れてくる、そこを聴き手が順に辿っていく、というリニアリティ、線条性ということが、ここでいうナラティヴ、という用語の概念ですが、 続きを読む

Posted in パリで私が見つけたもの, 音楽 | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2018、平和へのナラティヴ – *ヘン*と*ふつう*と*はじめの一歩*。

20150917_181335坂道を下りながら、ある女の子が、僕にこういった:イスラエルと日本は似てると思う。どちらも自分たち独自のバブルの中にいて、特殊な独自の世界認識を持っている、と…。

ソーシャル・メディア、twitterfbtumblrブログには思いつけば書いてるものの、このメインの公式HPyuichihiranaka.comに、
所謂 opinion pieceめいたものをさすがに思わず書いてしまったのは、最後に2015年13日11月のパリ、テロ後のことだったと思うが13 novembreに寄せて〜フランスの《建前力》
今回もふと、新年に寄せて、そろそろと、こんなことを書き出そうとしてしまったのは、
Atlantic誌のこの記事を目にしたあたりから、かもしれない:現トランプ米政権と、イラク戦争前のブッシュ政権の議論が不気味なほど似ている、というもの。
もちろんこれはただ単に、 続きを読む

Posted in Online readings…, opinion piece, PariSnap!, 特別寄稿 | Tagged

パリで見つけたこの1枚*日本では恐らくふつうに無視される、パリジェンヌなメリー・ウィドウ;)

B00005A9OB以前マガジンハウスHanakoでペク・コンウのフォーレ・アルバムをご紹介した際、実はこのHPのシリーズ『パリで見つけたこの1枚』の第1回で取り上げよう、と思っていたのはこのアルバムだった、と書きました。
パリに来たからこそ出会えたもの、という主旨のこのシリーズですが、
Hanakoにも書いた通り、韓国人の弾くフォーレ、などというものは、日本ではふつうに無視されそう、
よりインターナショナルで、演奏のメカニックな部分が評価され得るドビュッシー、ラヴェル、メシアンあたりならともかく、なんともフランス的な感覚のある、フォーレとなると。。
つまり、日本のクラシック・ファン、レコード評論家の間には、
非常に根深い*出身国信仰*とでもいうべきものがある 続きを読む

Posted in Hanako, パリで私が見つけたもの, 音楽 | Tagged , , , , ,

『ベルリン日和』後語:)気がついたこと、など〜ペリテクスト2(オーディオ版付)

PicsArt_08-26-09.04.43My very first Kindle本 aka 『ベルリン日和』(笑)のリリースから、
早いもので、もう2ヵ月近くが経とうとしておりますが…*まだ読んでいない!*という方は、是非是非、
こちらより…どうぞお願いいたします;)

こちらはインスタグラムにもポストした写真ですが、最初はむしろこれを表1に…と考えておりました。
なんで信号??と訝しむ方もいらっしゃるか、とは思いますが(笑)
同時に、この信号の人形のピクトグラムはアンペルマンという、現在のベルリンのマスコット・キャラクターであることをご存知の方もいらっしゃることでしょう…;) 続きを読む

Posted in Info, Kindle版, Online readings…, オーディオ版, キンドル本出版あれこれ, 新刊『ベルリン日和』情報, 新刊情報 | Tagged , , , , , , , , , , , , ,

暫定復活!! ロマンティック・コメディー映画レヴュー*『幸せになるための27のドレス』

You cannot fake emotion like that: you’re not that good! — ★★★

キャサリン・ハイグル実はもう何年も前にソーシャルメディアに、
この映画をレヴューするかも、
旧サイトでやっていたロマンティック・コメディー映画レヴュー・ページ、久々の新エントリーになるかも…
などと書いたものの、
その時すぐにレヴューできなかったため、細かい点などあやふやになり、
ついそのまま放置してしまったのですが。。

 『幸せになるための27のドレス』

アマゾンのプライム・ビデオ「見放題が終了する作品」の中にちらりとタイトルを見かけましたので、慌ててもう一度見てみました;)

Grey’s Anatomyの初期シーズンのメイン・キャストの一人で、もう、忘れがたいDenny Duquette エピソード(笑)の実質上のヒロインとして 続きを読む

Posted in ロマンティック・コメディー映画レヴュー | Tagged , , , , , , , , , , , , ,

パリで見つけたこの1枚*もしかして、すごいのはラジオ・フランスのエンジニアなのか??

serkin-chopinラジオ・フランスの音楽専門FM局、フランス・ミュージックを聴いていると、ゼルキンのショパン、プレリュードからの抜粋が流れました。
ピーター・ゼルキンのショパンを昔よく聴いていたことは、旧サイトに書いたこともありますが、これは父ルドルフ・ゼルキンのほう。

息子ゼルキンのショパン・アルバムの日本盤ライナーで、
父ゼルキンがショパンを弾くかどうか知らないが、息子ゼルキンのショパンは素晴らしい、と日本の大家お二人がいい合っているのを読んだような記憶から、
てっきり父ゼルギンはショパンは弾かないんだ…と思い込んでいたために、 続きを読む

Posted in パリで私が見つけたもの, 音楽 | Tagged , , , , , , , ,

kindle本、修正版に1クリックで切り替える方法;)『ベルリン日和』〜EUの多文化主義、リンクあり〼

iphone640x853日仏両国からわき上がる、
「ややこし過ぎる!」「めんどくさい!」「できない!」などなどの声に後押しされ、
『ベルリン日和』、素直にアマゾンに修正を申告し、審査を受けました。
(…この「審査」の件については、こちらをどうぞ;)

待つこと1週間。「軽微な修正」として、審査を通過
(当り前ですが、当り前のことが当り前に進まないのが、この世の中の恐ろしいところ、ですから。。;)

アマゾン・サイトのアカウント・サービスより、
デジタルコンテンツとデバイス
「コンテンツと端末の管理」にすすむと、スマホなどでは、このような画面が出て来るはず。 続きを読む

Posted in Info, Kindle版, キンドル本出版あれこれ, 公式tumblrブログ情報, 新刊『ベルリン日和』情報, 新刊情報 | Tagged , , , , , , , , , , , ,

kindle本の最新版への更新法、手順。

kindle本の更新法初めてのkindle本『ベルリン日和』を出してみて、
iPhoneのkindleアプリからの見え方が、出版前に上手く確認できなかったこと、* 確認方法、正解はこちら;)
また編集中の不手際で一語落ちていた箇所もあり、
この際おまけとして;)1パラグラフの追加も行い、修正版をリリースしました。
* いま購入して下さる方には、この修正版が配布されます。(奥付にver. 0.3.7と記載)
既にご購入下さった皆さんにも最新版をお届けしたいので、アマゾンに再ダウンロード方法を問い合せました。
すると、修正を申告すれば、担当部門にて審査の上、
軽微な修正であった場合「コンテンツと端末の管理」ページで最新版入手を可能にするが、
「致命的なエラー」の修正と判断された場合、 続きを読む

Posted in Info, Kindle版, キンドル本出版あれこれ, 新刊『ベルリン日和』情報 | Tagged , , , , , , , , , , , ,

Kindleに初挑戦;)『ベルリン日和』をリリース。

a moment for Berlin意外に空き時間ができましたので、この機を逸さず、2017年、夏休みの自由研究として(笑)
もうずいぶん昔から気になっていた、Kindle本の作成に挑戦してみることにしました。

平中悠一『ベルリン日和 — A moment for Berlin』(Kindle版)

とりあえず、今回は、お試し、パイロット版ということで、どうなるか、かたちにしてみること自体がゴールですので、
内容は手持ちのテクストをそのまま使いました。
2014年に参加したベルリンでのワークショップのあとに備忘録をかねて書いたもの。
そもそも自分のために、自分が判ればよし、ということで書いたものですので、
文章の難易度としてはやや高めになります。
しかし、たとえば本文中であれこれ書いている鴎外のテクスト(ベルリン、ということで;)がふつうに読みこなせる程度の日本語力があれば、特に問題なく読めると思います。

本文量は、400字詰め原稿用紙33枚程度。
あくまでもパイロット版、テスト・ケースということで、 続きを読む

Posted in Info, Kindle版, キンドル本出版あれこれ, ナラション理論, 愛読者限定, 新刊『ベルリン日和』情報, 新刊情報 | Tagged , , , , , , , , , ,