「ふらんす」8月号、巻頭エッセイ「フランスと私」に寄稿*「短い答と、長い答。」

ふらんす8月号白水社「ふらんす」2015年8月号(2015年7月22日発売)巻頭エッセイ「フランスと私」に「短い答と、長い答。」を寄稿しました。
実はその気にさえなれば(笑)
僕は所謂“beautiful writing”的な原稿も、書けないわけではないのです。
しかし今回のこの原稿は、やはりちょっと作文のお手本にはならないだろうなぁ…という気がします;)
というのも、この原稿は、昨年「ふらんす」、ムッシュー・モディアノのノーベル賞特集号に寄稿させていただいた際に(「TVのモディアノ」
こちらにも書いてくださいね、というようなお話をいただき、その時点で、何を書くか、ささっと簡単に考えてしまっていました。
しかし実際に依頼されたのはその半年後で、その時に考えたこととはやはり、ちょっと違うことを書きたくなりました(笑)
さらに、依頼の時点で、たとえばこういう感じで…というようなお話もあり、
このみっつを全部含んで、どれも諦めることなく、5枚という短い枚数にきゅきゅっとまとめた、というのがこの原稿です;)
というわけで、僕は一筆書きにすらすら書いておりますが、こういう文章の書き方は、ふつうには決してお薦めできるものではなく、
よい子のみなさんは絶対に真似をしないように、
フランス語でいうならば、
« Ne reproduisez pas ça chez vous ! »…(笑)
…しかし、たった5枚でプロには一体どの程度のことができるのか??…という意味では、なかなか面白い原稿になっている、と思いますので、そういうチャレンジに関心のある方は、ぜひぜひお手に取っていただきたい、と存じます;)

平中悠一「短い答と、長い答。」白水社「ふらんす」2015年8月号(2015年8月22日発売)〜巻頭エッセイ「フランスと私」

*この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。

…ソーシャルメディアは使っていませんか? こちらから直接このサイトをフォローできます(更新をメールでお知らせします)。

…既にフォロー済みですか? では、Google提供のクリック広告をどうぞ;)

This entry was posted in Info, ナラション理論, 寄稿情報. Bookmark the permalink.

Comments are closed.