新刊『クラシック名曲名盤#新譜早耳2020』予約受付スタート;)

お待たせいたしました! 各ソシャメですでにお伝えしている通り、kindle本もついに3タイトル目。予約を開始いたしました! 題して:

クラシック名曲名盤
#新譜早耳2020
全497ツイート/1417枚試聴!!

🎵ストリーミング時代の、新しい音楽の聴き方🎵

クラシックの新譜、聴いていますか? 歴史的名盤だけでなく…。
昨年、1年間のクラシックのニュー・リリースを全部聴いて、(*1)
これは!!と思ったトラックをツイート。
全1417タイトルより497を紹介したものを、まるごと1冊に!(*2)
だから短い、すぐ読める。
全作品にジャケット、輸入元リリース情報、試聴用mp3のURLをリンク(*3)
まさにソーシャル・ディスタンス時代、テレ・ワークのお供にもぴったり。
自宅生活で、ステイ・セーフしつつ、いちばん新しい時代の風に吹かれてみては?

*1 ベストエフォート。リイシューも含む。特に前半は遅れて聴いた前年の新譜もあり。
*2 Boxセットも1タイトルとカウント。複数のツィートにまたがるものも多数ありツイート実数は497を大きく超えています。
*3 ベストエフォート。無料試聴にはパソコンの利用を推奨。

以上、ペリテクストとして、昔の紙の本であれば袖とか表4にプリントされた内容紹介にあたる部分、
デジタル本時代は販売サイト上に掲載することになると思いますが、一応1ページ目にも記載しておきました。
この本のセールス・ポイントとしてピッチできるのは、だいたいこういうことだと思います;)

さて今回も、以前からの読者の方のために、プライオリティ予約期間を設けますので、よろしければ是非、この期間中にご予約をお願いします。
ただし、今回は、クラシック音楽ディスクガイドで、クラシックにはまったく興味がないんだよね…という方もいらっしゃることと思います。
また、僕のtwitterをフォローしてくださっている方は、tweetとしてすでに記憶のある部分もそれなりにあるのではないか、と思います。(コキーユ(タイポ)だけでなく、間違っていること、改めて読み直してみておかしいと思ったことも修正していますので、元tweetとは変わってしまっているものもいろいろあるとは思いますが…;)
その辺も念頭に、今回は、読み放題への登録を検討しています(未決定です)。 続きを読む

Posted in #新譜早耳2020, Info, キンドル本出版あれこれ, 新刊情報, 音楽 |

*新型コロナウィルスに対する私たちの取り組み*的なこと;)

基本的にこちらのサイトでは、アクチュアリテ、日々の社会問題を中心とするポストはしていません。
しかし作家も言論人である以上、状況に対するアクチュアルなコメントをせず、
後になって「こうなると判っていた」などということのないように、その時点その時点で、間違えることはあるにせよ、考えたことで、短文になるものは、主にソシャメ(いわゆるSNS)にポストすることにしています。
インターネット民主主義において、あくまでも1票は1票、それを生かすも殺すも、大衆の決するところでしかありませんが、せめて1票、投じることは投じておいた、いえるだけのことをいうだけはいった…と後になって自分で納得できるように、というのが主目的です;)

さて、今回のcovid19問題に関しても、
Facebooktwitterを中心に、TumblrMediumにも多少なりとも発言、態度表明は蓄積されていますので、ご関心のある方はどうぞご覧ください。

発言以外の取り組みはこれまであまりなかったのですが、今回、covid対策のTシャツも作成しました!
ソーシャル・ディスタンシングを無視してガンガン近づいてくる人たちに危機感を感じ、衝動的に製作したのですが(笑)これが意外と反応があったため、こちらでもご紹介しておきます! 続きを読む

Posted in #新譜早耳2020, Info, Kindle版, キンドル本出版あれこれ, グッズとノベルティ |

ベストバイ・ミュンシュ指揮ベルリオーズ『幻想交響曲』

やってしまいました。「昨年のドビュッシーはギリギリ滑り込みになったので、今年のベルリオーズはもっと早くに。。」と思っていたのに、結局2019年、ベルリオーズ没後150周年アニヴァーサリー・イヤーに間に合うどころか、2020年ベートーヴェン・イヤーに雪崩れ込んでしまいました。。関係各部署の皆様に深くお詫び申し上げるとともに、今後このようなことが二度と起こらないよう…などという*定型文*の誠心誠意を要求する関係各部署など、とはいえ存在しないとは存じますが。。(笑)

ともかく、昨年のアニヴァーサリーに僕がやろうとしていたことは、表題の通り、ベルリオーズ(1803 – 1869)全作品中もっともポピュラーな『幻想交響曲 op. 14』(1830)の膨大な数の録音の中でも、定番中の定番とされる、シャルル・ミュンシュ(1891 – 1968)指揮のタイトルから、ベスト・バイを選ぼう、というもの;)
この試みの面白さ、意味、真正面さ、難しさ…などはクラシック・レコード(=録音)ファンには、あるいは説明の必要もないでしょうが(笑)しかし、多数派の 続きを読む

Posted in パリで私が見つけたもの, 音楽 |

ただ、あなたがそこで生きていること。-「クロワッサン」n° 1013号に書評を寄稿

何か新刊の書評を書いてみませんか、とマガジンハウスの方が声をかけてくれたので、隙を見てささっと書いておきました;)

話題の本、気になる本〜「クロワッサン」n°1013
(1月10日発売号)

しかし、広く興味を持たれそうな、日本語の、しかも新刊、というと実は殆んど手にしておらず(笑)引き受けてから、アマゾンで何か面白そうな新刊は。。と物色し、じゃあこれかな…と*一本釣り*で読んでみると(笑)見事になかなかいい本だったので。。;)
どうして僕がこの本に興味を持ったのか、もっというと、この本『みんなにお金を配ったら』(みすず書房)の*ベーシックインカム*という主題がここまでの僕の仕事とどうつながるかということは、簡単にだが書評本文中に書いたので、そのあたりはせっかくなので、誌面で読んでもらうこととして;)
ここではその本文中、原稿用紙3枚の一息では、十分に紹介できなかったことで、まだまだ興味深いことを、けれどやっぱり*さささ*っと押さえておきます;)

まず、ベーシックインカムなら、フランスなどのような高福祉が逆に再就職を阻む問題を解決できる、ということは本文にもちらっと書きましたが、
これはフランスでは現実に大問題で(笑)労働者を手厚く守ろうとすると、失業保険より賃金の安い仕事に就くモータヴェイションがなくなる、企業も保険代が高いので、逆に、到底おいそれとは人を雇えない、という悪循環があることは確かです。
従来のセーフティネットと違い、ただそこに住んでいるだけで、無条件、無審査で全員一律の所得が与えられるベーシックインカムでは、この問題が見事に解決するわけです。
本文中にも書いた通り、人はそれで怠け者になるどころか 続きを読む

Posted in bibliothèque, Info, マガジンハウス, 寄稿情報 | Tagged

オフィシャルtumblr情報:クラシック関係エントリーも充実;)

http://yuichihiranaka.tumblr.com/tagged/musique-classiquetumblr上で随時更新しているオフィシャル・ブログ。ご覧いただいていますでしょうか?
今回の新刊『小説文を想像力をふくらませて読んではいけない理由』でも全17中6篇をこのtumblrブログから収録しました(書き下ろしは4篇。詳しい内容はこちらから。。)
ネットでふと見聞きしたものをクリップし、そこに独自のコメントを加える、いわばインターネット・スクラップブック、《個人的な雑誌》というような内容のものですが、
最新のエントリーは「ベスト・バイ・フォーレ 『レクイエム』」;)

続きを読む

Posted in Info, 公式tumblrブログ情報, 音楽 | Tagged

表紙画像とカテゴリー設定 | 今回のキンドル本作成で判ったこと

kindle本第2作『小説文を想像力をふくらませて読んではいけない理由』無事配信されましたでしょうか?
まだの方は、ぜひアマゾンにてご購入ください!
PCやスマートフォンにkindleアプリをダウンロードし、アマゾンで購入すると、登録したkindleアプリに自動配信されます。

さて、今回、ソーシャルメディアでの当初の告知よりリリースが遅れたのは、こちらのHPでも密かにお伝えしてきましたように(マイナー更新にて;)全篇を入稿後、さらに追加の1タイトルを収録することにし、この部分を書き下ろした、ということがあったわけですが(笑)他にもいくつか技術的な問題もあり、
このポストではそのあたりもまとめておきます。
続きを読む

Posted in Info, Kindle版, キンドル本出版あれこれ, 小説を書く人のために, 新刊『小説文を想像力をふくらませて読んではいけない理由』情報, 新刊情報 | Tagged , , , , , , , , , ,

新刊『小説文を想像力をふくらませて読んではいけない理由』予約受付をスタート。

ソーシャル・メディアtwitterfacebookページでもお伝えしてきましたkindle本、第2作。
いよいよ予約、開始です;)

平中悠一『小説文を想像力をふくらませて読んではいけない理由』(kindle版)

内容としては、ソーシャル・メディアにポストした、日本語、ことばに関わるエントリーの中から、特に反響の大きかった13篇を選り抜き、プラス書き下ろしで4タイトル(*)を加えました。追記:書き下ろしをさらに追加、計4本とします。le 28 mars)
参考として、目次は以下の通り、です:

目次
*キンドル本だからできること(書き下ろし)
なぜフランスではいい訳はすればするほど感じがいいのか?
“Aren’t you a cute one?”
「感動」と「思い」の叩き売り
〝正確な翻訳〟の正体
日本語についての質問です。
「愛してる」と彼・彼女
日本人は英語が喋れないという「嘘」
日本語の質問、その2
現代日本文学とX Factorを並べた時見えてくる、ポストコロニアリズムと〝鎖国〟の微妙な関係!?
20世紀の芸術の終焉とアマゾン・カスタマー

*紙の本の未来(書き下ろし)
チョムスキーと私
Es weint.
小説文を想像力を膨らませて読んではいけない理由

*著者が〝いいたかったこと〟を理解しようとしてはいけない理由(書き下ろし)
*ニュース・ステーション〜ニュース7の妙な日本語 または〝ネイティヴ感覚〟ってなんなんだ??
 〜Introuvableな〝ネイティヴ感覚〟〜最後に:想像力をふくらませて読んではいけない、ということは…
(書き下ろし)

400字詰め原稿用紙換算ではおおよそ126枚、 続きを読む

Posted in Info, Kindle版, キンドル本出版あれこれ, 小説を書く人のために, 新刊『小説文を想像力をふくらませて読んではいけない理由』情報, 新刊情報 | Tagged , , , , , , , , , , , , , ,

速報*kindle本第2作を準備中!

現在、キンドル本の第2作を準備中、リリースは3月末〜4月初頭を目指しています!
1作目『ベルリン日和』の経験から、今回は、もう少しページ数も多く、もう少し役に立ちそうな(笑)顔つきの本にしたい、という意向です。

内容としては、ソーシャルメディアにポストした、言語、ことばに関係したポストから、比較的反響の大きかったもの、より内容のあるものを厳選し、
全体にキンドル用に改稿した上で、何点か追記を加え、
さらに書き下ろしの原稿も何点か収録の予定です。

現在、本文作成、校正、ジャケット・デザイン、アマゾンに登録、キンドル書籍化、kindle=ドロイド/iOS実機で端末上検証(←現在ここ)、という手順で順次、準備中ですが、
詳細は、さらにはっきりするにつれ、各ソーシャル・メディアで追ってお知らせいたします。twitterのフォロー facebookページのLike をお願いします。)
それではどうぞお楽しみに、今春のリリースをお待ちください!

Posted in Info, Kindle版, キンドル本出版あれこれ, 新刊『小説文を想像力をふくらませて読んではいけない理由』情報, 新刊情報 | Tagged , , , , , , , , , , , , ,

2018年、ドビュッシー・イヤーをふりかえる。

クロード・ドビュッシー

N’écoutez les conseils de personne, sinon le bruit du vent qui passe et nous raconte l’histoire du monde.
– Claude Debussy

誰のことばにも、耳を貸すな。
ただ、ざわめき、風のわたりゆき、語る世界の物語の他は。

– クロード・ドビュッシー

2018年は没後100周年のドビュッシー・イヤーでした。
好きな作曲家、音楽家はと訊かれれば、ドビュッシー、いろいろあっても決して変わることのない、僕にとっては10代以来、これは不動の1位を守り続けてきたわけですが(笑)
ドビュッシー・ファンにとって、今年はまさにお祭りのような1年、これだけ長くドビュッシー・ファンをやってきてw よもやドビュッシー・ファンなどというものに(笑)こんなrewardingな年が訪れるとは…夢にも思わなかった1年でした;)
特に命日に当たる3月25日は、ラジオフランスの音楽局が丸1日ドビュッシーで押し通し、中でもそのピーク・ポイントは、パリ16区、パッシー墓地から生放送、フランス国立管のフルートの1番に、ドビュッシーの墓前でフルート独奏曲「シランクス」を吹かせた、こちらです: 続きを読む

Posted in Online readings…, パリで私が見つけたもの, 音楽 | Tagged , ,

帰ってきた!ベストバイ・ショパン〜4つのバラード

chopin op 23 derniere page旧サイト時代に、ベストバイ・ショパンというページを作り、当時はかなり多くの人が見にきてくれていました。
それ以降もショパンはやはり間歇的に(笑)聴き続け、自分なりのショパン体験も多少は積み重なった気がしますが、なかなかまとめてみる機会はありません;)
そこで今回は、バラード4曲に絞ってベストバイ形式、いまこの4曲を、それぞれ重複することなく4人の異なった奏者で揃えるとすると…という妄想に(笑)しばし耽ってみることにしました。

バラードという曲種は、そのバラードという名称が、元は物語的な内容を持つ詩であったとよくいわれることもあって、非常にナラティヴなピース、という感じがいたします。
様々な楽想が、時間の経過に従って順番に現れてくる、そこを聴き手が順に辿っていく、というリニアリティ、線条性ということが、ここでいうナラティヴ、という用語の概念ですが、 続きを読む

Posted in パリで私が見つけたもの, 音楽 | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,