『ベルリン日和』後語:)気がついたこと、など〜ペリテクスト2(オーディオ版付)

PicsArt_08-26-09.04.43My very first Kindle本 aka 『ベルリン日和』(笑)のリリースから、
早いもので、もう2ヵ月近くが経とうとしておりますが…*まだ読んでいない!*という方は、是非是非、
こちらより…どうぞお願いいたします;)

こちらはインスタグラムにもポストした写真ですが、最初はむしろこれを表1に…と考えておりました。
なんで信号??と訝しむ方もいらっしゃるか、とは思いますが(笑)
同時に、この信号の人形のピクトグラムはアンペルマンという、現在のベルリンのマスコット・キャラクターであることをご存知の方もいらっしゃることでしょう…;)
旧東ドイツの信号機のデザインで、統一後いったん撤廃されたものを復活させた、という話です。

最終的に表1に採用した赤のほうが、緑豊かな感じもあり、本文によくマッチする…
とは思ったものの、アンペルマンのかたちは青のほうが面白いし、
グリーン・ライトは*前進*なので、、、などとも考えたのですが、
デザイナーのほうから、パッケージ・デザイン的にいえば、ピクトのかたちまで見る人は殆んどいない、
伝わるのは、せいぜい外国の信号ということで、赤のほうだとそこにさらに*止まれ*、
その次に標識の文字のかんじでドイツと気づくか、緑豊か、と気づくかどうか、というあたり…とのリマークがあり、
アンペルマンに気づかない人が多いなら、、ということで、赤のほうを選択した、というのが経緯です;)

さて、はじめてkindle本を作ってみて、いろいろ気づいたこと・判ったこともあったのですが、 続きを読む

Posted in Info, Kindle版, Online readings…, キンドル本出版あれこれ, 新刊『ベルリン日和』情報, 新刊情報 | Tagged , , , , , , , , , , , , ,

暫定復活!! ロマンティック・コメディー映画レヴュー*『幸せになるための27のドレス』

You cannot fake emotion like that: you’re not that good! — ★★★

キャサリン・ハイグル実はもう何年も前にソーシャルメディアに、
この映画をレヴューするかも、
旧サイトでやっていたロマンティック・コメディー映画レヴュー・ページ、久々の新エントリーになるかも…
などと書いたものの、
その時すぐにレヴューできなかったため、細かい点などあやふやになり、
ついそのまま放置してしまったのですが。。

 『幸せになるための27のドレス』

アマゾンのプライム・ビデオ「見放題が終了する作品」の中にちらりとタイトルを見かけましたので、慌ててもう一度見てみました;)

Grey’s Anatomyの初期シーズンのメイン・キャストの一人で、もう、忘れがたいDenny Duquette エピソード(笑)の実質上のヒロインとして 続きを読む

Posted in ロマンティック・コメディー映画レヴュー | Tagged , , , , , , , , , , , , ,

パリで見つけたこの1枚*もしかして、すごいのはラジオ・フランスのエンジニアなのか??

serkin-chopinラジオ・フランスの音楽専門FM局、フランス・ミュージックを聴いていると、ゼルキンのショパン、プレリュードからの抜粋が流れました。
ピーター・ゼルキンのショパンを昔よく聴いていたことは、旧サイトに書いたこともありますが、これは父ルドルフ・ゼルキンのほう。

息子ゼルキンのショパン・アルバムの日本盤ライナーで、
父ゼルキンがショパンを弾くかどうか知らないが、息子ゼルキンのショパンは素晴らしい、と日本の大家お二人がいい合っているのを読んだような記憶から、
てっきり父ゼルギンはショパンは弾かないんだ…と思い込んでいたために、 続きを読む

Posted in パリで私が見つけたもの, 音楽 | Tagged ,

kindle本、修正版に1クリックで切り替える方法;)『ベルリン日和』〜EUの多文化主義、リンクあり〼

iphone640x853日仏両国からわき上がる、
「ややこし過ぎる!」「めんどくさい!」「できない!」などなどの声に後押しされ、
『ベルリン日和』、素直にアマゾンに修正を申告し、審査を受けました。
(…この「審査」の件については、こちらをどうぞ;)

待つこと1週間。「軽微な修正」として、審査を通過
(当り前ですが、当り前のことが当り前に進まないのが、この世の中の恐ろしいところ、ですから。。;)

アマゾン・サイトのアカウント・サービスより、
デジタルコンテンツとデバイス
「コンテンツと端末の管理」にすすむと、スマホなどでは、このような画面が出て来るはず。 続きを読む

Posted in Info, Kindle版, キンドル本出版あれこれ, 公式tumblrブログ情報, 新刊『ベルリン日和』情報, 新刊情報 | Tagged , , , , , , , , , , , ,

kindle本の最新版への更新法、手順。

kindle本の更新法初めてのkindle本『ベルリン日和』を出してみて、
iPhoneのkindleアプリからの見え方が、出版前に上手く確認できなかったこと、* 確認方法、正解はこちら;)
また編集中の不手際で一語落ちていた箇所もあり、
この際おまけとして;)1パラグラフの追加も行い、修正版をリリースしました。
* いま購入して下さる方には、この修正版が配布されます。(奥付にver. 0.3.7と記載)
既にご購入下さった皆さんにも最新版をお届けしたいので、アマゾンに再ダウンロード方法を問い合せました。
すると、修正を申告すれば、担当部門にて審査の上、
軽微な修正であった場合「コンテンツと端末の管理」ページで最新版入手を可能にするが、
「致命的なエラー」の修正と判断された場合、 続きを読む

Posted in Info, Kindle版, キンドル本出版あれこれ, 新刊『ベルリン日和』情報 | Tagged , , , , , , , , , , , ,

Kindleに初挑戦;)『ベルリン日和』をリリース。

a moment for Berlin意外に空き時間ができましたので、この機を逸さず、2017年、夏休みの自由研究として(笑)
もうずいぶん昔から気になっていた、Kindle本の作成に挑戦してみることにしました。

平中悠一『ベルリン日和 — A moment for Berlin』(Kindle版)

とりあえず、今回は、お試し、パイロット版ということで、どうなるか、かたちにしてみること自体がゴールですので、
内容は手持ちのテクストをそのまま使いました。
2014年に参加したベルリンでのワークショップのあとに備忘録をかねて書いたもの。
そもそも自分のために、自分が判ればよし、ということで書いたものですので、
文章の難易度としてはやや高めになります。
しかし、たとえば本文中であれこれ書いている鴎外のテクスト(ベルリン、ということで;)がふつうに読みこなせる程度の日本語力があれば、特に問題なく読めると思います。

本文量は、400字詰め原稿用紙33枚程度。
あくまでもパイロット版、テスト・ケースということで、 続きを読む

Posted in Info, Kindle版, キンドル本出版あれこれ, ナラション理論, 愛読者限定, 新刊『ベルリン日和』情報, 新刊情報 | Tagged , , , , , , , , , ,

「オリーブの見たパリ」Hanako n° 1119号に寄稿、“「オリーブ」トリビュート”;)

olive-paris-trois-numerosお待たせしました! 遂に「オリーブの見たパリ」掲載Hanako最新号(9月22日発売号)、登場です;)

1年間の“トリビュート連載”に僕から応えるかたちとなった、今回の3エッセイ。最後は雑誌「オリーブ」へのトリビュート。

かつての連載小説執筆者、という以上に、
’85年の単行本デビュー以降、コメンテーターとして登場させていただくようになる以前に、
そもそも僕自身、「オリーブ」の熱心な読者だったわけで。。(笑)
今回は、僕の書くものが好き、という方のみならず、
同じように、あの頃、「オリーブ」が大好きだった、という皆さんのために、ひとつ、ぞんぶんに筆を揮ってみました:) 続きを読む

Posted in Hanako, パリからの手紙, マガジンハウス, 寄稿情報 |

随想「京都、パリ—煙を雲とながむれば」Hanako n° 1118号に寄稿、“谷崎潤一郎トリビュート”;)

kyoto tanizakiHanako、最新号(9月8日発売号)、連載コンクルージョン第2/3回掲載です;)

この1年、Hanakoによる「トリビュート連載」ということで、’84年の僕のデビュー作を掲載いただいてきたわけですが、
連載掲載終了後のコンクルージョンは、僕の書き下ろし新作エッセイ。
第1回目はペク・コンウのフォーレ・アルバムをご紹介しつつも、
連載掲載のあとがき的なものに…という編集部からの希望もありつつ、でしたが、
今回、そして次回は、明確に、逆に僕からのトリビュート、ということになります。
つまり、今回の場合、Hanako京都特集にちなみつつも、英語的にいうならば、
“平中悠一 トリビュート to 谷崎潤一郎”;) 続きを読む

Posted in Hanako, ナラション理論, マガジンハウス, 寄稿情報 | Tagged ,

「あの日のミラージュ、ことばのないロマンス〜ペク・コンウ plays フォーレ」Hanako n° 1117号に寄稿。

Kun-woo Paik plays Faureさて、お伝えしておりましたように、Hanako連載コンクルージョン、第1/3回、最新号(8月25日発売号)に掲載です;)

今回の原稿について、特に愛読者の方にお伝えしておきたい付随的な情報が、ふたつあります:
まずひとつ目はヴィジュアル。
“She’s Rain”文芸賞応募原稿と、おまけで“Early Autumn”草稿大学ノートの画像があしらってあります!
これは、そもそも、今回の「トリビュート連載」が始まる際、ヴィジュアルの案として、 続きを読む

Posted in Hanako, パリで私が見つけたもの, 寄稿情報, 音楽 |

Hanako連載“She’s Rain”最終回とトリプル・コンクルージョン

転載禁止お楽しみいただきましたHanako連載版“She’s Rain”、遂に最新号(8月11日発売号)にて完結、となります。
ここまでは書店で眺めただけだった、という方も、現代に甦った“She’s Rain”の最後の姿の記念として(笑)
今号は、ぜひ、お手元に置いていただけたら、と思っております。↓よろしくお願いいたします↓。

Hanako n° 1116(8月11日発売号)

さて、愛読者の方にもご意見等をうかがった、Rain連載掲載後について、なのですが、いろいろ具体的な話も出ましたが、結局“She’s Rain”終了後、次号8月25日発売号から、3回連続でエッセイを書き下ろす、ということで決定しました! 続きを読む

Posted in Hanako, パリからの手紙, 寄稿情報 |