新刊『迷子たちの街』*帯について — または内容とナラション

新刊『迷子たちの街』、書店店頭にも既に並んでいるとのことです。関心のある方はどうぞ、いまのうちにご入手ください。
ネット書店でももちろんどうぞ!
さて、今回は帯文について、です。

qpc

ということですが(笑)
フランス人にも、よく、モディアノはいつも同じ話ばかり書いている、という人がいます。
…前回のフランスからのノーベル文学賞、ル・クレジオ(2008年)についてもそうなのですが、なんでル・クレジオやモディアノがノーベル文学賞なんだ、というようなことをもっともらしくいう自称《文学通》は、たしかにフランスにはいますね;)
けれど僕はまったくそうは思わない(笑)
そんな気持ちもあって、
少し視点を変えると、モディアノ作品というのはほんとに変化に富んでいる、
そのあたりをアンダースコアするかたちを考えた、
その結果が今回の帯、ということなわけです;)

どうしてモディアノはいつも同じ話を書いてるといわれるのか。
それは同じ場所(特にパリ)、同じシチュエーション、同じことばや表現、同じような人物、同じようなエピソード、などが常にくりかえしくりかえし現れるからでしょう。
しかしそのくりかえしを描き出すナラションは、毎回違う。
毎回新しい方法やチャレンジに満ちている。
キャリアや年齢を考えれば、この若々しい、あくなき探求心は驚くばかり、です。

少し理論的なことにも触れると、小説の客観的な分析の方法論として、ナラトロジーが生まれたのは1970年代。
その最初から、基本中の基本として、
小説の、物語内容と、物語表現、そしてナラション、このみっつが定義され、これらを混同することはできない、とされています。
つまり、物語内容というのはお話の内容、筋としてのストーリー、
物語表現とは、その内容がひとつのお話のかたちにまとまったもので、
フランス語ではrécit(レシ)、英語ではnarrative(ナラティヴ)と呼ばれるもの。
(…そもそも文学理論、ナレーション分析の用語でしたが、近年アメリカのニュース報道では*ナラティヴ*ということばは大流行、極めて頻繁に、ほとんど濫用されているという観がありますね;)

そしてそのナラティヴ、ひとつの表現のかたちをとったお話を、具体的に構成している叙述がナラション。
小説分析においては40年以上前から常識のこの分節化に従えば、
モディアノは同じ話ばかりを書いている、という人がいっているのは、ほぼ完全に、そのうち《物語内容》のことだと判ります。
しかし、小説とはひとつの表現であり、その表現を唯一無二のものにしているのは、その叙述、
つまり《ナラション》なのです。
それこそが小説の“命”といってもいいでしょう。
そしてそこに注目するならば、モディアノ作品はいつも同じどころか、毎回毎回、驚くほかない多様性を示している、ということになります。
…もしこれで、↑↑にあげたような《内容》上のくりかえしがなかったとしたらーもしかしたらそれはあまりに実験的過ぎて、ほとんどの読者にはついていけないものになるかもしれません。。(笑)
物語内容を知ることが問題なら、詳細なあらすじ(??笑)を読めばそれでいいでしょう。
しかしそれでは小説作品を読んだことにはなりません。
小説の構造のいわば本体である《ナラション》のすがたを可能な限り日本語でお伝えしたい。
それが僕の翻訳の、究極の目標です。

…というわけで、新刊『迷子たちの街』、コメント投稿ページもご用意しました。=> こちら
fbファンページも既にローンチ済みです。=> こちら
もし読んでみて、この作品は自分の好みに合う、と思った方は、ぜひfbの好きな本にご登録ください。
コメントもお待ちしています。ご自分のブログ、ソーシャルメディア等へのリンクも可能です。
そして、まだ読んでいない、という方は、
鮮烈な印象を残す1作ではないか、と思います。
どうぞこの作品の独自の、唯一無二の魅力を、存分にお楽しみください!

 
さよなら、パリ。本当に愛したただひとりの女…。

『迷子たちの街』

2014年ノーベル文学賞に輝く《記憶の芸術家》パトリック・モディアノ、魂の叫び!

ネット上ではアマゾン、紀伊国屋書店で!(送料無料)

  [古書の売買に関して]

作品についてのコメントはこちら
パトリック・モディアノのページ、Patrick Modiano Japon

This entry was posted in Info, 『迷子たちの街』情報, ナラション理論, パトリック・モディアノ, 翻訳. Bookmark the permalink.

Comments are closed.