「モディアノって、だれ??」日本の読者の皆さまへ、パトリック・モディアノをご紹介!新ページ モディアノJapon開設:)

パトリック・モディアノ新刊『失われた時のカフェで』を刊行して、予想はしていたのですが、やはり原著者のパトリック・モディアノ、日本では(もちろんフランスでの大作家としての評価や高い人気と比較した場合、ですが)一部の関係者以外には十分な知名度がないようです。
それで、モディアノの経歴を紹介する記事が改めて必要だ…と思ったのですが、そこをもう一押しして、モディアノのページを作りました。題して、パトリック・モディアノ・ジャポン;)

…翻訳者というのは、多少なりともその国でのその作家のプロモート担当、というところもあるでしょうから(笑)少しがんばってみました;)
コメント欄も設けておきましたので、原書を含めたモディアノ読者のみなさんからコメントをお寄せいただければ、と思っております。よろしくお願いいたします。

内容としては、『失われた時のカフェで』、併録のモディアノ論「『失われた時のカフェで』とパトリック・モディアノの世界」まで既に読まれた方には、当面あまり新しい情報はないかもしれませんが…そうそう、先月(2011年6月)に、モディアノに新たにBNF賞(フランス国立図書館賞)が与えられましたので、これは付け加えておきました。

…いやいや、時々冗談まじりに、フランスにはもうこれ以上モディアノに与える賞がない、などといわれることがあるのですが。。。だんだん冗談ではなくなってきつつあるようにも思います;)

=> パトリック・モディアノ・ジャポン

This entry was posted in Info, 『失われた時のカフェで』, パトリック・モディアノ, 翻訳. Bookmark the permalink.

Comments are closed.