Latest article

[生誕150年特集] プルーストのプレイリスト;)

標題の通り、マルセル・プルースト(1871-1922)、今年は生誕150年記念ということで、作曲家の年次ポストはお休みし(?笑)夏休み利用にて関連ポストを作ることにしました;)

というのも、ひとつにはまず、作曲家のアニヴァーサリーではないものの、ぽつぽつ関連ディスクのリリースもあったから。
プルースト作品は、文学のみならず、絵画、演劇、音楽と、それぞれの芸術分野に関する記述に膨大なページ数があてられている。
音楽の場合、重要なモチーフとなっているのが架空の作曲家、ヴァントゥイユの作品で、この作中の架空の音楽作品、その描写を最初に読んだ際には念頭にあるのはドビュッシーか、とも思ったけれど、むしろフォレの音楽が描かれている、というのがひとつの定説となっています。

そこで、まず最初に紹介するこのアルバム:

『プルースト、1907年7月1日のコンサート~フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1番、他』テオティム・ラングロワ・ド・スワルテ、タンギ・ド・ヴィリアンクール

もちろん何曲か、ここにもフォレが入ってますが、プレス・リリースによると、このアルバムは、『失われた時を求めて』の執筆を開始する6年前の1907年7月1日にプルースト自身が、リッツ・ホテルで「フィガロ」紙編集者ガストン・カルメット(後に『スワンの家の方へ』も献呈した)のためのディナーを催し、フォレ本人も招いて演奏を依頼していた(結局実現せず)、という演奏会のプログラムを再現したもの、とか。
演奏者の意見でプルーストの希望とはやや異なる曲目になったらしいが、それでもこれから書き始める『失われた時』にインスピレーションを与えたと思われる音楽がしっかりと並んでいます。
ショパンもプルーストには欠かせない作曲家だし、ヴァーグナーは、当時、普仏戦争以降すすんだ、フランスの知識人、文化人のいわば“ヴァーグナー熱”はひとりプルーストにとどまらない、第三共和政の一大文化現象;)

次にこれも同じくプルーストのプレイリスト、というコンセプトで作られたチェロ・アルバム: 続きを読む

Pocket

Posted in パリで私が見つけたもの, 音楽 |

. . . and more


うっかりそういっちゃうくらい、すてき。。;)時代は、変わりましたね。。 続きを読む


話題のクルレンツィス指揮ベートーヴェン『運命』。その真価を決めるのは、我々ではない…;) 続きを読む


『#新譜早耳2020』収録ディスクから、2019年度部門別最優秀盤を選考。例えばこんなディスクが入ってる!というプレヴューにも;) 続きを読む


新刊にあわせるように、大雨災害。DLしてほしいけど、それどころじゃないよね…ともちろん思う、その気持ちで、素直にすとんと書いておきました;) 続きを読む



*新型コロナウィルスに対する私たちの取り組み*的なこと;)

基本的にこちらのサイトでは、アクチュアリテ、日々の社会問題を中心とするポストはしていません。
しかし作家も言論人である以上、状況に対するアクチュアルなコメントをせず、
後になって「こうなると判っていた」などということのないように、その時点その時点で、間違えることはあるにせよ、考えたことで、短文になるものは、主にソシャメ(いわゆるSNS)にポストすることにしています。
インターネット民主主義において、あくまでも1票は1票、それを生かすも殺すも、大衆の決するところでしかありませんが、せめて1票、投じることは投じておいた、いえるだけのことをいうだけはいった…と後になって自分で納得できるように、というのが主目的です;)

さて、今回のcovid19問題に関しても、
Facebooktwitterを中心に、TumblrMediumにも多少なりとも発言、態度表明は蓄積されていますので、ご関心のある方はどうぞご覧ください。

発言以外の取り組みはこれまであまりなかったのですが、今回、covid対策のTシャツも作成しました!
ソーシャル・ディスタンシングを無視してガンガン近づいてくる人たちに危機感を感じ、衝動的に製作したのですが(笑)これが意外と反応があったため、こちらでもご紹介しておきます! 続きを読む

Pocket

Posted in Info, Kindle版, キンドル本出版あれこれ, グッズとノベルティ, 新刊『#新譜早耳2020』情報 | Tagged