Latest article

2018、平和へのナラティヴ – *ヘン*と*ふつう*と*はじめの一歩*。

20150917_181335坂道を下りながら、ある女の子が、僕にこういった:イスラエルと日本は似てると思う。どちらも自分たち独自のバブルの中にいて、特殊な独自の世界認識を持っている、と…。

ソーシャル・メディア、twitterfbtumblrブログには思いつけば書いてるものの、このメインの公式HPyuichihiranaka.comに、
所謂 opinion pieceめいたものをさすがに思わず書いてしまったのは、最後に2015年13日11月のパリ、テロ後のことだったと思うが13 novembreに寄せて〜フランスの《建前力》
今回もふと、新年に寄せて、そろそろと、こんなことを書き出そうとしてしまったのは、
Atlantic誌のこの記事を目にしたあたりから、かもしれない:現トランプ米政権と、イラク戦争前のブッシュ政権の議論が不気味なほど似ている、というもの。
もちろんこれはただ単に、戦争に向かおうとする現代の政権は、似たような議論の持って行き方をするというだけの話であって、なにもこれから必ず同様に戦争を起こす、開戦前夜である、とは限らないかもしれない。

イラク戦争といえば、印象に残るのは、9/11以降、僕は日本で毎晩熱心にFox & Friendsを見ており、…そういえば、幾度も在日米共和党の集会への招待状をもらったくらいだった。。:p
遂にアフガニスタンへのstrike backが敢行され、高揚する空気の中で、しかし、
“次は、イラクか!?”
というタイトルが番組画面いっぱいにぶち抜かれて出てきた時の、??????というような、いくつ?があっても足りないような、??????な感覚だ。
いまにしてみれば、昨今の所謂“北朝鮮危機”と比べると、米メイン・ランドへの攻撃の可能性のまったくなかった当時の“イラク危機”は、はるかに抽象的、だったといえるだろう。
9/11の衝撃に、アフガンまではうーむ。。と僕も事態を眺めていたが、
イラクへの攻撃、などというのはまさにトンチンカン、到底現実とも思えなかった。
…そしてその戦争を実際に始めてしまったのがまさにアメリカだった、ということは、やはり念頭に置いておいてたほうがいいかもしれない。 続きを読む

Posted in Online readings…, opinion piece, PariSnap!, 特別寄稿 |

. . . and more



Kindleに初挑戦;)『ベルリン日和』をリリース。

a moment for Berlin意外に空き時間ができましたので、この機を逸さず、2017年、夏休みの自由研究として(笑)
もうずいぶん昔から気になっていた、Kindle本の作成に挑戦してみることにしました。

平中悠一『ベルリン日和 — A moment for Berlin』(Kindle版)

とりあえず、今回は、お試し、パイロット版ということで、どうなるか、かたちにしてみること自体がゴールですので、
内容は手持ちのテクストをそのまま使いました。
2014年に参加したベルリンでのワークショップのあとに備忘録をかねて書いたもの。
そもそも自分のために、自分が判ればよし、ということで書いたものですので、
文章の難易度としてはやや高めになります。
しかし、たとえば本文中であれこれ書いている鴎外のテクスト(ベルリン、ということで;)がふつうに読みこなせる程度の日本語力があれば、特に問題なく読めると思います。

本文量は、400字詰め原稿用紙33枚程度。
あくまでもパイロット版、テスト・ケースということで、 続きを読む

Posted in Info, Kindle版, キンドル本出版あれこれ, ナラション理論, 愛読者限定, 新刊『ベルリン日和』情報, 新刊情報 | Tagged , , , , , , , , , ,