Latest article

#新譜早耳 2020 #ベートーヴェン・イヤー『運命』の復活なるか?;)

ベストバイ・ミュンシュ『幻想』では、もう何も書かないかも…と予防線を張っておいた #ベートーヴェン・イヤー2020 ですが。。
『#新譜早耳2020』リリース関連のばたばたが一段落し、一息ついてから、おもむろにまだ聴いていない今年の新譜に手を付けてみたところ、やっぱり、これを聴いてしまいました:

ベートーヴェン:交響曲第5番 作品67「運命」 テオドール・クルレンツィス指揮、ムジカエテルナ

調べてみると、日本のCDショップサイトでも、案の定、話題盤として扱われていました;)
結論にあたる*感想*をまず先にいってしまうなら(笑)
1楽章は難しい、2楽章は誰がやってもいい、そこで注目は3、4楽章だけど、
うん、これは、悪くない。結構楽しく聴いてしまいました。
…というのは、実はそれだけでもまぁ、快挙で(笑)それはなぜか、ということを、以下にまとめてみよう、と思います;)

まず、録音時代以降のミュージシャンが、いわば過去に決定的な名演があるからこそ名曲と知られる音楽を、それでも再び録音してくれる。それはしばしば、一見して絶対に乗り越えることのできない大きな壁として立ちはだかっている場合も多いわけですが(笑)それでも負けじとぶつかっていく。
そういうミュージシャンたちへの敬意とか、感謝といったものを『#新譜早耳2020』を校了中にも折りに触れ実感し、そのあたりはtumblrブログのオマージュとしてまとめておきましたが。。要するに、そういう音楽家たちがいてくれてこそ、その曲は現在を生きる音楽として、また違って歌い出す可能性があるわけです;)

ベートーヴェンのシンフォニーに関していえば、モノラル録音時代にフルトヴェングラートスカニーニの両巨頭のディスクがあまねく 続きを読む

Pocket

Posted in パリで私が見つけたもの, 新刊『#新譜早耳2020』情報, 音楽 |

. . . and more


『#新譜早耳2020』収録ディスクから、2019年度部門別最優秀盤を選考。例えばこんなディスクが入ってる!というプレヴューにも;) 続きを読む


新刊にあわせるように、大雨災害。DLしてほしいけど、それどころじゃないよね…ともちろん思う、その気持ちで、素直にすとんと書いておきました;) 続きを読む


昨年のクラシック新譜1417を全部試聴、注目の497をツイートで紹介、丸ごと一冊に!だから短い、すぐ読める、全曲無料試聴も可能! 続きを読む


ソシャメでの発言以外の取り組みについて。その1Covid対策T製作;その2 自宅生活の良き友となるkindle本新タイトルを準備中! 続きを読む



「芸術にできること」〜新刊『#新譜早耳2020』パブリシティ用エッセイをポスト;)

新刊『クラシック名曲名盤 #新譜早耳2020』、無事ダウンロード可能となっています!

校正は三校、念校までやりましたが(笑)誤植や間違いなど、もし気づいた場合、こちらから教えていただけますと幸いです。
Twitterまたはfbページにコメントくださっても気づくと思います!

本書の内容、特徴、アピール点などは、前回のポストにいろいろ書いておきましたので、この上くり返しませんが(笑)
しかし、基本的にはクラシックの新譜ガイド、といってもいいものなので、クラシック音楽があまり好きでない、という人は、どうも食指が動かない、読んでも面白くないのではないか、というような、そういうreluctantといいますが(笑)まぁ、ひとつの危惧にも似たものがあるのではないかと思うのですね…;)

そこで、そういう方にも、よし、そういうことなら、ひとつダウンロードしてみよう!!と思っていただくために、パブリシティ用のエッセイを一本書いて、Mediumにポストしておきました!
…というか、プライオリティ特価予約期間を終了しようとした時に、大変な豪雨の災害が(今年もまた!)あり、こういう時にディスカウント終了、っていうのもどうなんだろう、それどころじゃないよなー、などと思ったところから、
そのまま一本、その気持ちですとんと書いてみました。
その結果、比較的すっきりとした心持ちで(エッセイ中にはある種の「せいせいした気持ち」についても書いていますが。。)特価予約期間を終了できた、というようなこともありました(笑)
題して:
芸術にできること。
「あの時、死んでしまえばよかった」と思う時も。

…いわば、本書のあとがき、といってもいいものかもしれませんが、
(本書中に収録済みの後書きもありますが、あちらはやはり、読みにくい、との声もあろうかと思いますので。。;)
これを読んで、クラシックファン以外の方にも、そうか、そういうことなら。。。 続きを読む

Pocket

Posted in Info, Kindle版, Medium, Online readings…, 新刊『#新譜早耳2020』情報, 新刊情報, 音楽 | Tagged