Latest article

帰ってきた!ベストバイ・ショパン〜4つのバラード

chopin op 23 derniere page旧サイト時代に、ベストバイ・ショパンというページを作り、当時はかなり多くの人が見にきてくれていました。
それ以降もショパンはやはり間歇的に(笑)聴き続け、自分なりのショパン体験も多少は積み重なった気がしますが、なかなかまとめてみる機会はありません;)
そこで今回は、バラード4曲に絞ってベストバイ形式、いまこの4曲を、それぞれ重複することなく4人の異なった奏者で揃えるとすると…という妄想に(笑)しばし耽ってみることにしました。

バラードという曲種は、そのバラードという名称が、元は物語的な内容を持つ詩であったとよくいわれることもあって、非常にナラティヴなピース、という感じがいたします。
様々な楽想が、時間の経過に従って順番に現れてくる、そこを聴き手が順に辿っていく、というリニアリティ、線条性ということが、ここでいうナラティヴ、という用語の概念ですが、
…つまり、前ポストのタイトルにある英語の名詞のほうでなく、英・フランス語共通の、形容詞のほうのナラティヴです。日本語にすると形容動詞となり、無意識に名詞と混同しそうですが;)
フランス語では同音の、lひとつのbaladeが思い起こされ、こちらは散歩とか、車でならドライヴ、という意味があるので、それがことば遊び的に、影響した印象を持つという面もあるかもしれません。。baladeur、というといまは亡き、ウォークマン、という意味も持ちました;)

作家がことばを生み出すように、作曲家は音楽を生み出す、
そのことばや音楽の生まれる瞬間、その生成自体を捉える、ということが創作ではないか、と思います。
音楽の場合でいえば、作曲家が譜面に捉えた音楽を、演奏者が演奏する時、そこでもう一度音楽が生まれ出る。つまり、音楽の誕生自体がその場で再現される…。これが作曲の精髄ではないか、と思うわけです。
…家庭に入った小型の鍵盤楽器やピアノがのちのレコード・プレーヤーと同じ役割を果たしていたのではないか、ということはわりと想像し易いですが、そういう意味で、レコードができる以前、楽譜はレコードとまったく同じ役割を果たしていたのではないでしょうか。。もちろん、CDはいくら眺めても、例えばメロディーが判る、ということはありませんから(笑)それ以上の機能も楽譜にはあるわけですが;)

バッハはもちろん、モーツアルトやベートーヴェンも、 続きを読む

Posted in パリで私が見つけたもの, 音楽 | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

. . . and more



Kindleに初挑戦;)『ベルリン日和』をリリース。

a moment for Berlin意外に空き時間ができましたので、この機を逸さず、2017年、夏休みの自由研究として(笑)
もうずいぶん昔から気になっていた、Kindle本の作成に挑戦してみることにしました。

平中悠一『ベルリン日和 — A moment for Berlin』(Kindle版)

とりあえず、今回は、お試し、パイロット版ということで、どうなるか、かたちにしてみること自体がゴールですので、
内容は手持ちのテクストをそのまま使いました。
2014年に参加したベルリンでのワークショップのあとに備忘録をかねて書いたもの。
そもそも自分のために、自分が判ればよし、ということで書いたものですので、
文章の難易度としてはやや高めになります。
しかし、たとえば本文中であれこれ書いている鴎外のテクスト(ベルリン、ということで;)がふつうに読みこなせる程度の日本語力があれば、特に問題なく読めると思います。

本文量は、400字詰め原稿用紙33枚程度。
あくまでもパイロット版、テスト・ケースということで、 続きを読む

Posted in Info, Kindle版, キンドル本出版あれこれ, ナラション理論, 愛読者限定, 新刊『ベルリン日和』情報, 新刊情報 | Tagged , , , , , , , , , ,