Author Archives: yuichihiranaka

[生誕150年特集] プルーストのプレイリスト;)

標題の通り、マルセル・プルースト(1871-1922)、今年は生誕150年記念ということで、作曲家の年次ポストはお休みし(?笑)夏休み利用にて関連ポストを作ることにしました;)

というのも、ひとつにはまず、作曲家のアニヴァーサリーではないものの、ぽつぽつ関連ディスクのリリースもあったから。
プルースト作品は、文学のみならず、絵画、演劇、音楽と、それぞれの芸術分野に関する記述に膨大なページ数があてられている。
音楽の場合、重要なモチーフとなっているのが架空の作曲家、ヴァントゥイユの作品で、この作中の架空の音楽作品、その描写を最初に読んだ際には念頭にあるのはドビュッシーか、とも思ったけれど、むしろフォレの音楽が描かれている、というのがひとつの定説となっています。

そこで、まず最初に紹介するこのアルバム:

『プルースト、1907年7月1日のコンサート~フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1番、他』テオティム・ラングロワ・ド・スワルテ、タンギ・ド・ヴィリアンクール

もちろん何曲か、ここにもフォレが入ってますが、プレス・リリースによると、このアルバムは、『失われた時を求めて』の執筆を開始する6年前の1907年7月1日にプルースト自身が、リッツ・ホテルで「フィガロ」紙編集者ガストン・カルメット(後に『スワンの家の方へ』も献呈した)のためのディナーを催し、フォレ本人も招いて演奏を依頼していた(結局実現せず)、という演奏会のプログラムを再現したもの、とか。
演奏者の意見でプルーストの希望とはやや異なる曲目になったらしいが、それでもこれから書き始める『失われた時』にインスピレーションを与えたと思われる音楽がしっかりと並んでいます。
ショパンもプルーストには欠かせない作曲家だし、ヴァーグナーは、当時、普仏戦争以降すすんだ、フランスの知識人、文化人のいわば“ヴァーグナー熱”はひとりプルーストにとどまらない、第三共和政の一大文化現象;)

次にこれも同じくプルーストのプレイリスト、というコンセプトで作られたチェロ・アルバム: 続きを読む

Posted in パリで私が見つけたもの, 音楽 |

さよなら、ポリーニ、さよなら、アシュケナージ|#新譜早耳2020

最初に断っておきますが、もちろんこのタイトルはことばの綾、というやつでw 70年代のポリーニ、アシュケナージの録音の歴史的インパクトや価値、個人的な愛着などが、消え去るはずもありません;)
が、しかし、それにしても、このプレリュード!

ショパン: 24の前奏曲 エリック・ルー(2020)

この最初のプラージュ、作品28の1を聴き始めた途端(…針を落とした途端、などと書けないところが、デジタル時代の残念さ、ではありますが。。;)
「はーーー、時代は、変わったなぁー!」と唸ること、しきり(笑)

テンポを落とし、ルバートもたっぷり、丁寧に歌い上げる、ロマンティックといえば、非常にロマンティックな演奏だけど、それが往年の偉大なショパン弾きたち、時代がかった演奏とは切り離され、別物として、やっぱり現代的な演奏だなぁ。。と聴こえてくる。
単に録音が今どきの音だから、ということにはとどまらず、やはりこの演奏は、ポリーニ、アシュケナージといった70-80sのスタイリッシュな新解釈を経たかたちで出てきている。
あの時代に、この二人とマルタ・アルゲリッチくらいが、レコーディングにおいて、いわば過去の名演を「過去の名演」としてきれいに閉じ込めてしまった。
ところがこの、当時の新世代のショパン弾きたちの新しかった録音が 続きを読む

Posted in パリで私が見つけたもの, 新刊『#新譜早耳2020』情報, 音楽 |

ベートーヴェン・イヤー『運命』の復活なるか?|#新譜早耳2020

ベストバイ・ミュンシュ『幻想』では、もう何も書かないかも…と予防線を張っておいた #ベートーヴェン・イヤー2020 ですが。。
『#新譜早耳2020』リリース関連のばたばたが一段落し、一息ついてから、おもむろにまだ聴いていない今年の新譜に手を付けてみたところ、やっぱり、これを聴いてしまいました:

ベートーヴェン:交響曲第5番 作品67「運命」 テオドール・クルレンツィス指揮、ムジカエテルナ

調べてみると、日本のCDショップサイトでも、案の定、話題盤として扱われていました;)
結論にあたる*感想*をまず先にいってしまうなら(笑)
1楽章は難しい、2楽章は誰がやってもいい、そこで注目は3、4楽章だけど、
うん、これは、悪くない。結構楽しく聴いてしまいました。
…というのは、実はそれだけでもまぁ、快挙で(笑)それはなぜか、ということを、以下にまとめてみよう、と思います;)

まず、録音時代以降のミュージシャンが、いわば過去に決定的な名演があるからこそ名曲と知られる音楽を、それでも再び録音してくれる。それはしばしば、一見して絶対に乗り越えることのできない大きな壁として立ちはだかっている場合も多いわけですが(笑)それでも負けじとぶつかっていく。
そういうミュージシャンたちへの敬意とか、感謝といったものを『#新譜早耳2020』を校了中にも折りに触れ実感し、そのあたりはtumblrブログのオマージュとしてまとめておきましたが。。要するに、そういう音楽家たちがいてくれてこそ、その曲は現在を生きる音楽として、また違って歌い出す可能性があるわけです;)

ベートーヴェンのシンフォニーに関していえば、モノラル録音時代にフルトヴェングラートスカニーニの両巨頭のディスクがあまねく 続きを読む

Posted in パリで私が見つけたもの, 新刊『#新譜早耳2020』情報, 音楽 |

『#新譜早耳2020』収録ディスク〜2019年度《早耳大賞》

『#新譜早耳2020』もうダウンロードしていただけたでしょうか?
リリース後に改めてみていて、ふと気づいたのですが、こうして昨年可能な限りのクラシック新譜を聴き、それが一覧になっているわけです。レコード芸術がやっているような、新譜のベスト盤選出もやろうと思えばできるはず(笑)
結果的に、『#新譜早耳2020』にどんなディスクが収められているか、先に知りたい、という人のためにもいいプレヴューになるのでは??;)

そこで各ジャンルごとに、大まかに、上のようなアルバムを選んでみました。ひとつひとつ、個別に見ていくとともに、最後まで迷った捨てがたいディスクも併せて紹介していきます。
選考の基準は、ここまで1年間のクラシック新譜を、ちょっともうお腹いっぱいくらい聴き続けた挙げ句(笑)いま振り返ってみて、なおまだもう1回聴くとしたら? それでもまだ、もう1回聴きたいのはどのディスクか?
つまり《もう1回聴きたい大賞》とでもいうべきもの、と考えてください。
*なお、全曲のストリーミング試聴(PCより無料可)へのリンクは『#新譜早耳2020』に付いています!

まず最初は、《大賞》受賞作;) 続きを読む

Posted in Online readings…, パリで私が見つけたもの, 新刊『#新譜早耳2020』情報, 音楽 |