公式tumblrブログ最新ポスト

…こちらでは、公式tumblrブログ a perfect day for gingham-check の最新ポストを読むことができます。さらに前のポストを読みたい!という方は、こちらから;)
  • photo from Tumblr

    ベスト・バイ・フォーレ「レクイエム」

    〜ラジオ・フランス「音盤討論」より;)

    フォレは、基本的に好きな作曲家だが、いちばん名曲として知られるレクイエムが好きになったのはわりと遅いような気がする。

    …これは、個人史上では、サリンジャー、ナイン・ストーリィズは好きだったのに、なかなかライ麦畑のキャッチャーを好きになれなかった事象と、表面的にはどことなく通じる…(笑)

    それはエレヴェッグ(フランス読み。日本ではヘルヴェッレ、などと書かれてるはず)旧盤、1893年版を聴いてからで、
    もちろん個人的なタイミング、受け入れ状態にもよるのだろうが、
    それまでも名盤中の名盤としてクリュイタンス盤などは*聴かされて*いたが(笑)
    管弦楽の拡大された1900年万博版より小規模な、初期の編成で演奏されるこのエレヴェッグ旧盤1893年版との出会い以来、
    一部の特に好きだったピアノや室内楽曲などと並び、世間並みに(笑)フォレの名曲として折にふれレクイエムも聴くようになった。

    その後同じく名盤中の名盤とされるコルボ盤などは聴いたが、ある意味個人的なブレイクスルーとなったエレヴェッグ盤に*満足*していたような節もある(笑)

    それがラジオ・フランスで、この1893年版(日本ではオリジナル盤、原典盤、2稿版など、様々に記されているようだが。成立史はwikiならフランス版の方が判りやすい。)の聴き比べをする、というので聴いてみた。

    La tribune des critiques de disques Requiem de Fauré

    これは毎週やっている、ブラインド・テストによる音楽評論家の討論番組で、同じ曲の同じ場所を数種類聴いていって、最終的にベストの1枚を決める、というもの。
    評価を決定するまで演奏者の名前は伏せられているので、
    名盤の誉れ高い録音を討論の結果、全員一致で落としてしまう場合もあり(笑)
    そういうスリルや、また、音楽をことばに表すフランス語がいろいろに学べる、、というような興味もあって;)
    好きな曲、興味のある曲の時は気づけば聴くようにしてるのだが、
    クラシックが好きで、音楽がよく判って、フランス語が少し判る人であれば、めちゃくちゃ面白い番組だと思う。

    …実際に聴いたのはだいぶ前、2月の放送だったが、その後kindle本第2作
    『小説文を想像力をふくらませて読んではいけない理由〜国語ぎらいには理由があった!!』(kindle版)のリリース、その他の諸事情で、どうも立て込み、ポストは今になってしまった…というわけです;)

    この番組の聴き比べを聴いてみて思ったのは、
    当時は非常に清新な感じのしたエレヴェッグ盤だったが、
    以来1893年版の演奏も、大きく進歩しているのだなぁ。。ということで、
    現にこのエレヴェッグ旧録盤は今回のブラインド・テストでは、ほとんど真っ先に落とされていた(笑)

    結果だけ聞いたら、そんなばかな…という感じだが、
    番組を聴きながら、出演者と同じくブラインドで聴き比べていると、
    その判断には説得力があり、同意せざるを得ない。

    結論からいってw まず、今回の番組上堂々1位に輝いたのは:

    Elin Manahan Thomas, Roderick Williams, The Sixteen, Academy of St Martin in the Fields, dir. Harry Christophers (Coro, 2007) | 輸入元情報

    一聴明らかに違う演奏で、表現の幅が広く、これまで親しんできた録音含め、他の演奏が単調に聴こえる。

    第2位に輝いた(笑)のは

    Sandrine Piau, Stéphane Degout, Accentus, Orchestre National de France, dir. Laurence Equilbey
    (Naïve, 2009) | 輸入元情報

    ↑↑1位のChristophers指揮盤よりさらにスケール感があって、ドラマティック、しかし弦など比較においてやや乱暴な印象も受ける。

    番組では、同じ部分、冒頭部Introitusから順番に聴いていったので、次に僕が、お、っと思ったのは最終的には4位となった

    Catherine Bott, Gilles Cachemaille, Monteverdi Choir, Orchestre révolutionnaire et romantique, dir. John Eliot Gardiner (Philips, 1992) | 輸入元情報

    これはおそらく当今、日本の名曲名盤にも選ばれているかもしれない、ガーディナー盤。日本でもおなじみのビッグ・ネーム、だが、
    冒頭後半、なかなかシンフォニックで、↑↑2位のEquilbey指揮盤にもいえることだが、1893年の小規模室内復元版?としてはどうなのか。録音のせいか、合唱はflou、ややはっきりしない印象も…。

    次に聴き比べた引用は、Pie Jesu。
    全編の中でも特に美しい部分のひとつだが、
    ↑↑1位Christophers盤が、もう圧倒的、
    フランス語ではséraphique、ともいうが、もう、天国的に美しい。

    冒頭部と同様、2位Equilbey盤はドラマティック、とはいえる。

    ↑↑4位Gardiner盤のPie Jesuは、非常に心もとない感じが魅力といえば魅力だが。。この曲に聴き手が求めるものとは、やはり異なるのだろう…。

    さて、冒頭部はどうも遅く、もっさりとして冴えない印象を受けたのが、番組上では第3位に輝いた:

    Grace Davidson, William Gaunt, Ensemble Tenebrae, Orchestre symphonique de Londres, dir. Nigel Short (LSO Live, 2012) | 輸入元情報

    このPie Jesuの透明感、中立感はすごい。
    それには巧すぎるが、ボーイソプラノを思い起こさせる。
    校注にも、“マドレーヌ(フォレがオルガニストを務めていたパリ8区の大教会)の合唱には女性がなかったので子どもの声のために書かれているが難しく、女性のノン・ヴブラートで成功することが多い、
    とあるとのこと。
    この3位Short指揮盤、アルバムとしては、バッハの小品集の最後にこのフォレ、レクイエムが入っており、コンピレーション、プレイリスト的で面白い。

    番組ではその後Libera Me部分を聴き比べたが、
    ↑↑2位Equilbey盤のバリトンが絶賛で、
    このバリトンが歌い出した途端に、はい、おしまい(第一声で、勝負あった、ということか;)
    バリトンだけこれと入れ替えるべき…とかまでいっていた(笑)

    番組ではかからなかった部分も含め、いろいろ聴いて、かなり考え、
    できれば番組とは違う結論を導きたいところだったが、
    (…なんといっても、基本がへそ曲がり、人が右といえば、とりあえず、左、というのが常に僕のファースト・ステップですので。。;)
    結局、結局、結局のところ、
    もし今、フォレのレクイエム、僕がこの4枚の中から1枚を聴くとすれば。。。
    そして、もし今僕が誰かにフォレのレクイエムを1枚だけ薦めるとすれば
    (エレヴェッグ、コルボ、クリュイタンス盤を含め!)
    この番組の1位となった、クリストファー盤にするのではないか。。と思います;)

    フォーレ レクイエム Fauré: Requiem - The Sixteen, Academy of St Martin in the Fields, Harry Christophers, dir. | 輸入元情報

    有名なレクイエムの中でも最も柔和な、死の恐怖より死後の天国、安らぎを歌い、特に残された人たちには愛される、子守唄のようとも呼ばれた鎮魂の曲;)

    番組全体をembedして、こちらでも聴けるようにしておきます。
    …フランス語が判らないからその部分が飛ばしたい、ということはあるかもしれませんが、
    HPにも書いたように、パソコンのモニター程度の非力なスピーカーで聴いた限り、ラジオ・フランスの方がなぜか・なぜか、圧倒的に音がいいので(笑)

    この1893版は初演時、ラテン語の歌詞がフランス語読みされていたという話があり、その発音の話にも結構触れられています。いうまでもなく、この曲を実際に演奏する、合唱に参加する、という人には大変興味深いところだろう、と思います。

    なお、その後、今年の新譜として、編成、年代楽器の使用はもちろん、問題のその発音のあたりまで初演時を踏まえた、という録音が出ましたので、ついでにこちらもあわせてご紹介しておくと:

    フォーレ レクイエム Fauré: Requiem - Ensemble Aedes, Les Siècles, Mathieu Romano, dir. | 輸入元情報

    …美しいが、なかなか荘重な演奏となっておりますね;)

    #クラシック

    yuichihiranaka:
    この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



    『小説文を想像力をふくらませて読んではいけない理由』

    -国語嫌いには理由があった!!-
    SNSで反響の大きかった、日本語、言語に関するポストを選りすぐり
    +書き下ろしテクスト×3
    《視点を変えれば、見えてくる。》



    作品についてのコメントはこちら

    05/26/19

  • photo from Tumblr

    選挙スペシャル - (フランス人に学ぶ)正しい*白票*の入れ方;)

    日本の選挙は、近年本当に選択肢がなくなってきているようですね。
    現状の延長で満足、な人はいいけれど、納得のいかない人は投票のしようがない。
    以前こちらにも書いた通り、
    教えて、DSK♥ ️〜*保守二大政党制*って、アリなの??

    保守二大政党、というのはなんの選択肢でもありません:
    保守二大政党制というのは要するに、紅勝て白勝ての紅白戦、ただの権力闘争でしかない。
    例えば、現在の保守政策に反対し、米軍基地撤廃を主張する政党が40%の支持を得たとしても、
    保守党紅組が30%、保守党白組が20%であればこの二つがすぐさま合体して最大党になる。根本的な主義主張に違いはないわけですから、火急の際はいつでもひとつになることができる;)
    保守党諸党の合計が議席の7割を超えるようであれば、実質として、
    そこにはもはや、政党はない、といってもいいくらいw
    つまりは、実質、影の大政翼賛会。。
    政党がない、というのはファシズムの基本的な特徴、ですね;)

    さて一体どうすれば。。

    こういう場合、フランスには伝統的に、*白票*という手があります。
    もちろん白票が有効票として数えられるわけではありませんが(残念ながら!)
    無効票とは分けて数えられます。
    つまり、書き間違えとか読めないとか、そういう無効な票ではなく、
    選挙に行かない無関心or意識の低いor投票に行く余裕もない市民、でもなくて、
    しっかり選挙に行き、現状に不満を表明している市民の人数、として数えられるわけです。

    ただし、これが分けて数えられるようになったのは最近のことで、また、数えるだけでなく、有効票として扱うように、という運動は現在も続けられています;)

    こちらの記事など、わりと簡明かもしれませんが:
    Tout comprendre sur le vote blanc en six questions

    これにどういう意味があるか、というと、
    1割が白票、47%保守党A班、43%保守党B班、でA班勝利、となった場合、
    投票所に足を運んだ有権者のうちだけから見ても、過半数の支持は得ていないぞ、
    というかたちで、少なくとも市民の現状への反対を明確にすることができる。

    この白票。フランス式の*正しい*投じ方は、
    フランスの選挙では投票用紙に封筒があるので、この封筒の中に何も入れない、
    または、投票用紙に何も書かず、文字通り、白紙で投票する。
    …日本では封筒は一般的にないのでは、と思うので、できるとすれば、ふたつ目、ですが。。;)

    つまり、要は、無効票と明確に区別させる、ということで、
    例えば立候補していない人名、過去、歴史上、架空の人物の名前を書くとか、
    何を書いているか読めない、とか、
    投票用紙がちぎれてる、とかいうのが無効票で、

    たとえ、それが怒りの表明としてちぎったのであったとしても、
    考え抜いた上でのバッテンであっても、
    世襲反対、社会保障切り捨て反対、などといったひとつのれっきとした主張をきれいな読みやすい文字で書いたものだったとしても、
    書き損じと同じ*無効票*、とカウントされてしまう。。

    白票は、そうではなく、明確に、現状への反対の意思を投じることになる。

    …というわけで、決してお勧めはしませんが(笑)
    棄権をしてノーカウント、無効票でノーカウント、よりはマシ、
    という窮余の策、ではあります。
    かくいう僕も、投じてきましたよ。
    期日前投票で、白票;)

    #政治

    yuichihiranaka:
    この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



    『小説文を想像力をふくらませて読んではいけない理由』

    -国語嫌いには理由があった!!-
    SNSで反響の大きかった、日本語、言語に関するポストを選りすぐり
    +書き下ろし4タイトル
    《視点を変えれば、見えてくる。》



    作品についてのコメントはこちら

    04/17/19


  • 毎年春が近づくと、どうもボサノヴァが聴きたくなります;)

    今年ふと耳に留まったのは、この1枚、
    コーラス・グループが、ボサノヴァの伝説的プレーヤー、
    メネスカル&ワンダ・サーをフィーチャーしたアルバム、のようです。

    Galeria Do Menescal - BeBossa, Menescal e Wanda Sá

    輸入元情報はこちら

    春先に、海に向かうドライヴの車中限定、という感じだと、ドンピシャ、ではないでしょうか?;)

    …さて、ここから、いつものように(笑)pops妄想連想に入りますが。。

    今回、このアルバムを聴きながら、ふと思い出してしまったのは、こちら:



    ハイ・ファイ・セット / 水色のワゴン(ライブ)

    こ・れ・は名曲、と思うのですが。。;)
    間奏フィル、レコードではハモニカでしたが、こちらはソプラノ・サックス。((((ハモニカ吹ける奴おらんかったんかーー??))))

    だいたいハイファイセットっていうのは、非常に音楽性が高い、今から見ると、ほとんど*無駄に*音楽性が高かったのではないか…と思います;)

    こういう曲など、今から聴くと、到底お洒落、などとはいい難いのですが。。



    ハイ・ファイ・セット「スクールバンドの女の子」

    しかし、音楽性の高さだけは、否定できない(笑)
    やはりこちらは日本ポップス史上に名を残す、*伝説の*コーラス・グループ、といえるでしょう;)

    ハイ・ファイ・セット Hi-Fi SET - PASADENA PARK | cd

    #pops妄想連想

    yuichihiranaka:
    この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



    『小説文を想像力をふくらませて読んではいけない理由』

    -国語嫌いには理由があった!!-
    SNSで反響の大きかった、日本語、言語に関するポストを選りすぐり
    +書き下ろしテクスト×4
    《視点を変えれば、見えてくる。》



    作品についてのコメントはこちら


    03/24/19

  • ピレスとペソア

    En cette vie, où je suis mon sommeil,
    Je ne suis pas mon sommet,
    Qui je suis est qui je m'ignore et vit
    A travers cette brume que vraiment je suis,
    Toutes les vies que j'ai eues autrefois,
    Dans une seule vie.
    Je suis mer ; clapotis faible, rugissement vers les hauteurs,
    Mais ma couleur provient de mon ciel élevé,
    Et je ne me rencontre que lorsque de moi je fuis.

    - Fernando Pessoa

    poèmes ésotériques, message, le marin, traduits du portugais par Michel Chandeigne et Patrick Quillier, en collaboration avec Maria Antonia Camara Manuel et Françoise Laye, avec la participation de Fernando Antunes, Christian Bourgois 1988, p. 39.

    Maria João Piresのインタヴューを聞いた。

    Maria João Pires (1/5) : “Les jeunes ne savent plus ce que c'est de vivre sans le désir du succès”

    ほんとは、このタイトルに引用されている、

    若い人たちはもう成功を欲さずに生きるっていうことを知らない

    ということばに惹かれて聞き始めたのだけど、
    開始早々インタヴュアーの女性が、
    この人のフランス語の響きはなかなかすてき、こういう人のフランス語を聞くと…特に母音の鳴らし方、よくフランス語が美しい言語といわれる理由が、僕にもちょっと判るような気がします…;)

    上のペソアの詩を引用し、それに対しピレスが
    フランスではピレシュ、日本ではピリスといわれたりしているが、本人はピレス、といっているようなので。。

    解説を加えたのが、非常に判りやすく、腑に落ちたので、メモしておくと、
    ピレスは最後の一文を、
    自分自身に出会う、認識するのは、自分をちょっと忘れてる時
    …と説明し、続く1曲(ファド、ですね;)を少し聴いた後、今度はインタヴュアーが、
    その人生についての考え方、その耳を傾ける能力ですが、いわば自分自身のヴァカンスに入って…といっている。
    ヴァカンスということばが元は空っぽ、ということばに由来している意味合いも、さらに深く理解できるような気が…。

    ペソアはポルトガルの国民的詩人で、紙幣にもなっていたそう。
    生前は無名だったが死後にトランクいっぱいの作品が発見され評価された、という、
    その点だけでいえば、もう、これは、ポルトガルの宮沢賢治(笑)
    ポルチュゲが判らないので、フランス語訳で読むばかりだが、
    この上の詩↑↑など、フランス語で読む限り、なんとも心動かされる。
    …いやー、やっぱり、ポルトガル語。200まで生きられたら、絶対身につけたいところ。。;)

    ポルトガルのピアニスト、ピレスのインタヴューを聞くつもりが、
    ポルトガルの詩人、ペソアに出会う…という話になりましたが(笑)
    昨年の引退表明から、今の音楽界に対する批判的な発言もあり、その辺り、注目していたピレス。

    今の子たち(音楽をやっている)は成功したいという欲望の奴隷

    とまでいっている(笑)

    今回の平日5回帯のインタヴューでも、ほかにも

    “Notre créativité est constamment détruite par ce besoin de compétition”

    ということばがタイトルに引用されたりしている。
    Mercredi 30 janvier 2019 Les grands entretiens Maria João Pires (3/5)

    ここもまた、私たちの創造性は絶え間無く破壊され続けているんですよ、この《競争》というもので…くらいに仮に訳しときます;)

    最終回、5/5では、2000年から商業が大変な力を持ち始め、全ては痩せ細り薄められた、ともいっており、コンサート・ツアーからのリタイアの理由、でもあるのだろう。この商業的な世界から抜け出す必要・欲求があった、とも…。

    ピレスは日本ではモーツアルトの録音で特に名高いが、
    本人は当インタヴュー4/5でシューベルトだけ、ベートーヴェンでさえ、それだけしか弾くなといわれてもいいけれど、モーツアルトだけ、というのは無理、と面白いことをいっていますが;)

    ベートーヴェンもなかなかいい。

    マリア・ジョアン・ピリス Maria João Pires - Sonatas | hmv.co.jp

    全般に音の小さな人、という印象があったが、ライヴなどでばんばん弾いてる時は、お隣スペインのラローチャをふと思い起こさせたりするようなところもあって、またいい(笑)

    マリア・ジョアン・ピリス Maria João Pires - Frédéric Chopin, Prélude en sol majeur op. 28 nº 3 | hmv.co.jp

    4/5では、楽譜に忠実に作曲家の意図を守ることと、奏者のファンテジーの兼ね合いのあり方についても独自の見解を述べており、このあたりに興味がある人は、参考になるのでは…と思う。

    …なお、冒頭に引用したものを含め、ペソアの詩、フランス語訳は他にも掲載している人がいろいろ:
    https://poezibao.typepad.com/poezibao/2006/07/anthologie_perm_17.html
    https://poesiemuziketc.wordpress.com/2013/01/03/fernando-pessoa-poemes
    http://bengricheahmed.over-blog.com/article-pessoa-104309007.html

    yuichihiranaka:
    この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。


    image

    …あの夏、ベルリン。。
    2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
    ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

    『ベルリン日和』
    “A moment.” …それは《気づき》の時。

    作品についてのコメントはこちら

    03/04/19


  • Michel Legrand,
    le 24 février 1932 - le 26 janvier 2019.

    ミッシェル・ルグランは、このアルバムが出た際に、レコード店のイヴェントに見に行きTernesのfnacです;)

    その時ふとRER、Châtelet - Les Halles駅で見たミュージシャンのことを思い出し、巨匠ルグランと、メトロの無名のアーティスト、という話を書いてみたい、ずっと思っていたのですが、
    なかなか繊細な話でもあり、
    そもそもネットに載せて読み飛ばしてもらうようなものでもないので、そのまま、書かずじまいになっていました。。

    とにかくもう、どんどん人が死ぬのはやめていただきたい、
    それが僕の、偽らざる、心の叫び、
    少なくとも、訃報に気づくと、こうしてその日の予定は崩壊、です(笑)

    …というわけで、僕の見たあの日のルグランの話など、リリカルな部分は全部諦め、最低限、このアルバムについてのコメントを何点かだけ…;)

    まずは、こちらから:

    Natalie DESSAY - Patricia PETIBON “Chanson des jumelles”

    ご存知、Les Demoiselles de Rochfortロシュフォールの恋人たちdvd)より:

    僕の世代のフランス好きの女のコたちは、みんな見てたくらいのものなので(笑)この上詳しい説明は省きますが、

    カトリーヌ・ドヌーヴと本作公開年に亡くなった実姉フランソワーズ・ドルレアックの共演作。ニース国際空港へ向かうルノー10運転中の事故、といわれていますが、

    この姉・弟を失う、という共通の伝記的経験が、

    Elle s'appelait Françoiseに序文を寄せたノーベル賞作家パトリック・モディアノとドヌーヴの親交の基礎にあるとされています。

    Catherine Deneuve et Patrick Modiano, Elle s'appelait Françoise

    …いうまでもなく、ルグラン音楽ジャック・ドゥミ監督ドヌーヴ主演の大ヒット作シェルブールの雨傘dvd)に続くミュージカル作品。

    このアルバムのシンガーNatalie Dessayはかつてコロラトゥーラの名手として日本でもオペラ・ファンにその名を轟かせていたし、
    こちらも僕が実際に見た感じ、
    またそれ以前に、フランス語が判るようになってインタヴューで話しているのを聞くとガラガラと印象が変わってしまった、といった、その辺りのことも、今回のところは措くとして;)

    ↑↑のデュエットで共演しているパトリシア・プティボンについてのみ付言しておくと、
    自分の妹みたいなもの、とナタリー・ドゥッセもいってたくらいで、レバトワに重なるところも多く、フランスではスター、
    1度バスティーユで実演も見たことがあるが、Les Contes d'Hoffmannのオランピア役で、当時妊娠中だったらしく、
    そんなゴシップに疎い僕は、
    。。オランピアが、妊娠。。うーむ、いったいこの演出の意図は。。??
    とフロイト的な迷路を軽くさまよった記憶アリ(笑)
    覚えておいていい歌手、と思う。

    冒頭のヴィデオ↑↑で、6歳の頃の夢は、カトリーヌ・ドヌーヴになることだった、といっているドゥッセ。
    妹分と目するプティボンとの共演では、結局姉のフランソワーズ・ドルレアックのパートを歌っているところも、ちょっと面白いですね:

    さて、このアルバムには
    Les Parapluies de Cherbourgほかなどからの有名な曲も収められているが、 僕としてはぜひ聴いてみてほしいのが、まず:

    La valse des lilas

    中間部からのスキャットシンギング。
    よくフランスがステキ、パリがステキ!という人がいるけれど、
    こういうのを聴くと、ああ、なるほど、
    フランスがステキ!って、多分こういう感じのことをいってるのかなぁ。。
    と思ったりもする(笑)

    冒頭ヴィデオ↑↑のレコーディング風景からも判るように、昔ながらの1発どり式の、時代がかった豪勢な録音スタイルを取っている、と思われ
    また、youtubeに数多上がっている二人共演のライヴ・ツアーなどの映像を見ても、
    ルグランのスキャットは、ほんとに弾き語りで録っているのだろう。
    昔のジャズのシンガー/ピアニストはよくやっていたけれど、
    機械頼みの最近のミュージシャンには、まず絶対に真似できない、
    本当に、飛び離れた音楽性、ミュージカリテを持つミュージシャンしかプロにはなれなかった、
    もう二度と帰ることのない、往時のレヴェルのものすごさが偲ばれる。。

    そして最後に、初めてこのアルバムを聴いた時、
    パリ市の図書館で借りてきて、レファランスとして参考までに、ながらでざーっと聴き流すだけ、のつもりだったのに、
    ガツンと掴まえられて、そこからえんえん、無限リピートに入ってしまったのがこの1曲:

    Paris Violon

    古今に街を歌った名曲は多いが、
    その街の人々やその精神でも、
    その街に生きるライフスタイルや感覚、価値観でもなく、
    こんなふうに、街そのもの、それ自体に対する愛を歌い上げた曲、
    というのはちょっと他にないのではないか。
    やはり、パリならでは、というか、
    そこに暮らす人でもないし、その街での暮らしぶりでもない。
    ただ、ひたすらにパリという街それ自体に対する、説明不可能な、底知れぬ深い愛を改めてしみじみ噛みしめることができ、
    思わず涙が浮かんでくる。

    日本人、日本語話者に生まれて、多分いちばん素晴らしいことは、
    思いやりの心やおもてなし等が判るからではなく(笑)
    源氏を読むことができること。
    源氏を読んでいると、そう思う。
    こういうと、大げさに聞こえるかとは思うが、
    それと同じような意味で、
    この歌のフランス語が、自然に、順番に、
    しみじみと心に入ってくる時、
    ああ、本当に、フランス語を勉強して、よかったなぁ。。
    と、何度聴いても、そう思う。

    Michel Legrand, Natalie Dessay - Entre elle et lui

    #フランス語

    yuichihiranaka:
    この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。


    image

    …あの夏、ベルリン。。
    2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
    ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

    『ベルリン日和』
    “A moment.” …それは《気づき》の時。

    作品についてのコメントはこちら

    01/30/19

平中悠一公式tumblrブログa perfect day for gingham-check
公式HPでは取り上げない、政治や社会、Geekやポップス、ジャズ、TV、etc, etc…
インターネットで見つけた気になるものの、スクラップ・ブック。
最近読みたい雑誌がない、というあなたのために。…グラビア・ページもあります;)
全てを楽しむには、こちらから…。
Pocket

Comments are closed.