音楽

パリで見つけたこの1枚*亡き児をしのぶ歌、リュッケルトによる5つの歌〜ルートヴィヒ/カラヤン BPO

ludwing-karajan-kindertotenliedeほんとをいうと、もう10年以上前から、「ベスト・バイ・マーラー」というシリーズをやってみたい、と思ってるんですよね。

これはマーラーのシンフォニーを1曲ずつ見ていって、全曲違う指揮者で“オール・タイム・ベスト”を決めよう、というゲーム的なアイディアなのですが、ゲームにしてはこの↑↑ルールが非常に厳しく(笑)もう10年も手をつけることができずにいます;)

そういうオブセッションがあるために(笑)マーラーのシンフォニーは敢えて、時々わりとまめかつ熱心に聴いていて;)
その結果、しばしば併録されている歌曲集もあれこれ聴くのですが、音楽CD録音に関していえば、このルートヴィヒ/カラヤン盤、これはほんとうに美しいアルバム。圧倒的に美しい(笑) 続きを読む

Posted in glossaire et notes, パリで私が見つけたもの, 音楽 | Tagged , , , , , , , , ,

パリで見つけたこの1枚*“聴ける” 第九;)

abbado日本では“第九”は師走の風物詩;)独特の習わしのようですが、僕はこれはこれで、悪くない、と思います。
そもそもこのシンフォニーは、人類最大の音楽作品のひとつ、といってもいいものでしょうし、また日本のクラシック・ファンの場合、子どもの頃いち度はフルトヴェングラー/バイロイト祝祭管のレコーディングの話を聞き及び、そんな伝説的な名演とはどんなものなのか…と耳を傾け、少なからずがそれなりに思い出に残る経験をした、というようなことがあるのではないでしょうか(なにしろ、その後クラシック音楽が好きになっている人たちの場合、ですから;) 続きを読む

Posted in パリで私が見つけたもの, 音楽 | Tagged , , , , , ,

パリで見つけたこの1枚*ディヌ・リパッティ「主よ、人の望みの喜びよ」

Lipatti, "Jesu, Joy of Man's Desiring"フランスでは、7月は1年の終わり。

欧米の年度が秋に始まる、ということは有名ですが、夏に1年が終わる、ということは、実感としてはちょっと判りにくいかもしれません。
でも、ちょうど日本の年末のように、たとえばTVでもレギュラーの番組はおやすみになって、特別番組、今年の総集編とか、今年のTV名場面・珍場面、今年の歌といった年末番組が放送されます。そして番組の最後は、「今年も1年、ありがとうございました。また来年お会いしましょう、どうぞ皆さま、よいヴァカンスを!」ということで終わります。…そう。それからほんとに1カ月、レギュラー番組がおやすみになるんです;) 続きを読む

Posted in パリからの手紙, パリで私が見つけたもの, 音楽 | Tagged

PariSnap!*パーフェクト・レインボウ:)

平中悠一パリは通り雨の多い街です。一日しとしと雨降りの日、というのはわりと少ないのですが、春や秋など、一日に何度も、ぱらぱら雨が降りはじめます。

…このパリの雨については、およそ100年前になりますが、荷風がもう逆立ちしても到底かなわないような(笑)みごとなdescription、描写をしていますので、100年たったいまもなお、僕からは付け加えることは何もないです。『ふらんす物語』、読んで下さい;)

むこうの空は青く晴れているのに、ちょうど真上だけに灰色の雲があり、雨が降る、ということもよくあります。これはつまり、非常に虹の出やすい気象ではないか、と思うのです。

そういうわけで、気をつけていると、パリではわりと頻繁に虹を見るように思います。夏はふつう雨が少ないのですが、この夏はなんでも30年ぶりの寒い夏、とのことで、毎日のように雨が降ります。昨日(月曜)もちょっと雨に降られたのですが、その代わり、また虹を見ました。

七色がきれいに見えた、という意味では、ほとんどパーフェクトな虹。思わず写真に撮りました。(写真からは判りませんが、僕の頭の上は、雨が降っていたのですよ;)

…なお、人通りも車通りも少ないのは、ヴァカンス時、ということもありますが、それ以上に、この写真を撮ったのは、夜の8時頃だったから、です。

暦の上では、もうじき夏も終わり。日本はまだまだ暑いでしょうが、パリは暦通りに、これから一気に秋に向かいます。こちらでは、始まらずに終わっていくような今年の夏ですが、どうぞ皆さま、よい夏の終わり、そしてよいヴァカンスをお過ごし下さい。

all rights reserved

…“Look, look, look to the rainbow, follow the fellow who follows a dream ”;)

アストラット・ジルベルト永井荷風
アストラット・ジルベルト ルック・トゥ・ザ・レインボウ

永井荷風『ふらんす物語』

旧サイト以来のシリーズPariSnap!と、「パリからの手紙」
旧サイトでは、このふたつ、PariSnap!は携帯用サイト中心にはじめた、写真+テクスト/コメント;「パリからの手紙」は、タイトル通り、もっとストレイトに、僕からみなさんへの、パリからの手紙、でした。
さて、このポストを読み直してみますと(笑)写真がついている、という意味ではPariSnap!の流れ、ですが、内容としては「パリからの手紙」ですw そこで、このポストから、旧サイトの「パリからの手紙」へもリンクしておきます;)
昨年(2011年)WordPressベースの新サイトに移行してから、各記事がポストということになり、できれば写真をつけた方がどうもしっくりくるような気がしています。そのためPariSnap!と「パリからの手紙」の境界線は曖昧になってしまったのですが。。。内容が「パリからの手紙」の流れに属するものに関しては(たとえ写真がついていても!)このカテゴリィでも閲覧できるようにして、重複してもいい、ということに当面したいと思います。よろしくお願いいたします。
…なお「パリからの手紙」の流れのなかにはもうひとつ、C’est pas graveという記事もありました。これは実はまた「パリからの手紙」というよりも、内容としては同時にフランス語をめぐるエッセイ、でもありましたが。。。こちらへも一応ここからリンクしておきますので、よろしければご覧下さい。
Posted in bibliothèque, PariSnap!, パリからの手紙, 音楽 | Tagged