パリで見つけたこの1枚*日本では恐らくふつうに無視される、パリジェンヌなメリー・ウィドウ;)

studer bonney die lustige witweB00005A9OB以前マガジンハウスHanakoでペク・コンウのフォーレ・アルバムをご紹介した際、実はこのHPのシリーズ『パリで見つけたこの1枚』の第1回で取り上げよう、と思っていたのはこのアルバムだった、と書きました。
パリに来たからこそ出会えたもの、という主旨のこのシリーズですが、
Hanakoにも書いた通り、韓国人の弾くフォーレ、などというものは、日本ではふつうに無視されそう、
よりインターナショナルで、演奏のメカニックな部分が評価され得るドビュッシー、ラヴェル、メシアンあたりならともかく、なんともフランス的な感覚のある、フォーレとなると。。
つまり、日本のクラシック・ファン、レコード評論家の間には、
非常に根深い*出身国信仰*とでもいうべきものがある(と、ここも確かHanakoに書きましたね。。;)
ドイツ、フランス、イタリア、ロシア…その作曲家の国籍と一致する奏者か、指揮者か、オーケストラか、せめてどれかひとつでも入っていると、
さすがに同じ(例えば)ポーランドの出身だけあり、作曲家の本質を見事に捉えている、
などといったことが、まぁ、非常にスムーズに書けてしまう(笑)
…こういうところにも、日本の*パラテクスト*偏重の国語教育の累が及んでいるのではないか、と思うのですが(笑)
しかし、作曲者と同じ国の出身者が混ざっているからといって、それで正統的な演奏、とはいえません。
たとえば、フランス人といっても、 続きを読む

Posted in Hanako, パリで私が見つけたもの, 音楽 | Tagged , , , , ,

『ベルリン日和』後語:)気がついたこと、など〜ペリテクスト2(オーディオ版付)

PicsArt_08-26-09.04.43My very first Kindle本 aka 『ベルリン日和』(笑)のリリースから、
早いもので、もう2ヵ月近くが経とうとしておりますが…*まだ読んでいない!*という方は、是非是非、
こちらより…どうぞお願いいたします;)

こちらはインスタグラムにもポストした写真ですが、最初はむしろこれを表1に…と考えておりました。
なんで信号??と訝しむ方もいらっしゃるか、とは思いますが(笑)
同時に、この信号の人形のピクトグラムはアンペルマンという、現在のベルリンのマスコット・キャラクターであることをご存知の方もいらっしゃることでしょう…;) 続きを読む

Posted in Info, Kindle版, Online readings…, オーディオ版, キンドル本出版あれこれ, 新刊『ベルリン日和』情報, 新刊情報 | Tagged , , , , , , , , , , , , ,

暫定復活!! ロマンティック・コメディー映画レヴュー*『幸せになるための27のドレス』

You cannot fake emotion like that: you’re not that good! — ★★★

キャサリン・ハイグル実はもう何年も前にソーシャルメディアに、
この映画をレヴューするかも、
旧サイトでやっていたロマンティック・コメディー映画レヴュー・ページ、久々の新エントリーになるかも…
などと書いたものの、
その時すぐにレヴューできなかったため、細かい点などあやふやになり、
ついそのまま放置してしまったのですが。。

 『幸せになるための27のドレス』

アマゾンのプライム・ビデオ「見放題が終了する作品」の中にちらりとタイトルを見かけましたので、慌ててもう一度見てみました;)

Grey’s Anatomyの初期シーズンのメイン・キャストの一人で、もう、忘れがたいDenny Duquette エピソード(笑)の実質上のヒロインとして 続きを読む

Posted in ロマンティック・コメディー映画レヴュー | Tagged , , , , , , , , , , , , ,

パリで見つけたこの1枚*もしかして、すごいのはラジオ・フランスのエンジニアなのか??

serkin-chopinラジオ・フランスの音楽専門FM局、フランス・ミュージックを聴いていると、ゼルキンのショパン、プレリュードからの抜粋が流れました。
ピーター・ゼルキンのショパンを昔よく聴いていたことは、旧サイトに書いたこともありますが、これは父ルドルフ・ゼルキンのほう。

息子ゼルキンのショパン・アルバムの日本盤ライナーで、
父ゼルキンがショパンを弾くかどうか知らないが、息子ゼルキンのショパンは素晴らしい、と日本の大家お二人がいい合っているのを読んだような記憶から、
てっきり父ゼルギンはショパンは弾かないんだ…と思い込んでいたために、 続きを読む

Posted in パリで私が見つけたもの, 音楽 | Tagged ,