ベストバイ・ミュンシュ指揮ベルリオーズ『幻想交響曲』

5 Méseglise et Guermantes…

仮説としての*二つの方向*

さて、ミュンシュ、ボストン58年録音の全編を初めてしっかり聴いてみると、これが(驚いたことに)全然悪くない、ふつうによかった、と前に書いた。が、ここにはナラトロジーで分類すればparalipseにあたるプロセデがあり(笑)それはなにかというと、実はこのボストン58年録音を聴いたと同時に、ボストン62年録音も聴いていたのだった。
…というか、さらにいうと、ボストン58年録音を買おうとし、うっかり間違え同ボストン62年録音のディスクも買ってしまっていたのだった…(と遡り情報追加する手法はanalepseといいます・笑)
ところがこの、マイ失敗チョイスpt.2ないしbis、シェ・ベルリオーズが、また、何を隠そう(なぜ隠そう)、このポストを書いてみようかと思わせる、最終的な契機にもなる(なんか、超大作ポスト化していますが、意に反して。。;)…というのは、そもそもは間違えたのだが、この際、念のため…くらいのつもりで、このボストン62年録音もしっかり聴いてみたところ、ああ、なるほどなぁ。。と、思うところがあったのだった。
しかも、かくしてこのボストン62年盤を聴いてしまったことで(笑)ベルリオーズ『幻想交響曲』の大定番とされる、ミュンシュ代表作4録音を図らずも(笑)都合4作、全部聴いてしまったことになる。。HPポストにまとめる分には、これは十分な内容でないか…;)

ひとまず、この間違えて買った、ベルリオーズ『幻想』、大定番のミュンシュ盤(複数形)最後の1枚、62年ボストン新録のほうについても記しておくと、このアルバム、僕が子どもの頃はフィリップスのカタログにあり、闇の中にバレリーナらしき姿の浮かぶジャケットは印象的だったが、同じくアメリカ、ボストン響、ということで、個人購入リストからはしっかりと外していた(笑)
従って、こちらもようやく初めて聴いたわけだが、パリ管67年セッション録音、パリ管67年ライヴ録音に続いて--さらにボストン響58年旧録と併せて聴くと、このボストン62年新録も、決して悪い演奏、とは思わなかった。そこまでの引き出し、経験値も既にできており、もはやふつうに楽しんでしまった。
パリ管67年ライヴはいうに及ばす、ボストン58年旧録と比べても、確かにマイルドな演奏ではあるが、むしろこのボストン62年新録盤のマイルドさを好む人も多いのではないか。。
そう思うと、この4枚の*大定番*の中で、どれを選ぶか、という個人の選択には、
結局、クラシック音楽、音楽に、何を求めているのか、という、その人の趣味趣向、ないしは問題意識が反映されているのではなかろうか。…そう仮説を立ててみた。
つまり、シェマティックに単純化していえば、
何かこちらの心をざわつさせてくれるような音楽か;
それとも美しくこちらの心をなだめてくれるような音楽か。。
…そんな、*二つの方向だ*。

この仮定に従い聴いていくなら、まず67年ライヴ録音、パリ管イノギュレーション盤は、今改めて聴き直しても、確かに、血湧き肉躍る演奏…といえる。しかしこれを、乱暴とか、荒削りとか、やり過ぎとか、デタラメとか、力み過ぎ…等々と考える人は、必ずいるに違いない。録音もライヴで、ノイズもある。
僕はとにかく、聴いて楽しい演奏だと思うが、当然祝祭的な演奏であり、このはちゃめちゃな演奏を、何度もなんども聴けますか? ホームライブラリーとしてこの1枚だけを(という考えは、ストリーミングの今日もはや無効とは思うけど;)持ってれば、それでいいと思いますか?? と詰め寄られたら。。僕のお薦め意欲(笑)はやはり揺らぐ;)

では、結局、僕には長年飲み込めなかった、67年セッション録音、世間の主流派が推すこのパリ管版なのか、といえば、今回改めて聴き直してみると、僕の手元にある古いemi盤は、やはりさすがemi、とにかく、音が判らない。スコアを見ながら聴いてみると、さらにはっきり、判らない(笑)確かにその音形が鳴っているのは判るが、この録音では、何の楽器か判らない(笑)
emiがつぶれてワーナーに移り、今ではリマスターが進んだかもしれないし、録音のいい演奏=いい音楽、というわけではないとは思うが、それにしても、それにしても。。という気がする。

以上2枚は今回4枚の中のパリ管盤だが、
既に見たよう、そもそも、パリ管というのがフランス的な演奏を排除しているのだから、逆に、例の謎の出身国信仰にあくまでスティックし、
《ベルリオーズはフランスの作曲家だから、*フランス的*な演奏で聴いてこそ通!》
と考えるならなら、むしろ、パリ管にこだわる必要はなにもない;)
。。これ以外のミュンシュ盤、フランスのオケで…というと、これもパリ市の図書館で見つけて聴いたもので、フランス国立のツアー盤。緩急自在、生気に溢れる力演だが、とにかくこれまた録音が悪く、メインの1枚としてはお薦めしにくい。フランス的か、というと録音のせいで音が籠ってる感じはあるが、しかしフランス的、という以上にミュンシュ節を聴いてしまう感じがある(笑)

というわけで、本稿としては、その辺り、*フランス的*云々にこだわりたいなら、前身のパリ音楽院管とのクリュイタンス盤、東京『幻想』を聴くほうがよい、として、ミュンシュ&ボストン盤へ移るとすると、
(…ともかくパリ管は、インターナショナルなオーケストラになったわけで、それならもろに、ベルリン・フィルやアムステルダム・コンツェルトヘボウ、ロンドン響、シカゴ響、さらにはフランス国立管とだって、まともに比べて、メカニックに、合奏力で太刀打ちできるか??…という話になりますね・笑)

まずボストン旧盤、58年録音は、67年パリ管ライヴ盤にも通ずる、緊張力の高い演奏で、とはいえさらにまとまりもあり、録音のせいもあり、ひときわソリッドな印象を与える。先ほどの仮定の*方向*でいけば、前者、思わず引き込まれるような演奏が好みなら、これもお薦めの1枚、といえる。
ただ、確かに58年という年代を考慮に入れれば、奇跡の名録音、といえるだろうが、2楽章、3楽章、と聴き進めていくと、やはりさすがに音の広がりに乏しい。
…しかしこう考えてくると、68年没のミュンシュの、全てが半世紀以上前の録音に、明晰性を求めて比較していくのも、だんだん筋違いな気もしはじめる(笑)

以上を踏まえて、上述仮定の*後者の方向*、クラシックにはやはり美しさ、心地よさを求めたいなら、総合点でいけば、62年ボストン新盤、ということになるだろうか…。こうして全部聴いていって初めていえること、ではあるのだろうが、比較において当たりはマイルドかもしれないが、やはり同じミュンシュ盤、一番荒削りで鼻息の荒い(笑)67年ライヴ盤の持つよさにつながる魅力も、ちゃんとここには聴き取れる。
それでも、いやいや、やはり、音楽というのは真剣勝負、やるかやられるかの一期一会が醍醐味なんだ!!という人には67年ライヴ盤
ま、それはそうだけと、このライヴはさすがにやり過ぎ、破格過ぎ。。と思う人のライブラリーには、58年ボストン旧盤があるといい気がする。

 * * *

ベルリオーズ・イヤーには間に合わなかったが、昨年のアニヴァーサリーに僕が書こうとしていたのは、大体こういうことになる:
大定番とされるシャルル・ミュンシュ指揮『幻想交響曲』の複数の録音からベストバイを探る、というアイディアを横糸、ないし導きの糸として、
1. よくいわれる*フランス的*という形容の問題点を指摘;
2. 自分がある演奏を選ぶときの基準は何かを多少なりとも明確化
このかなり大き目のふたつの課題にアタック…。
ふと思い出した高校時代のエピソード、間違えて買ってしまったミュンシュ、ボストン62年盤を契機に、この際、書いてしまおう…と思ったわけだが、もう、これは、予想をはるかに凌駕する超大作。。(笑)
ここまで読んでくださった皆さんもお疲れかとは思いますが、
本人としても、かなり力尽きた感もあり(笑)
2020年、ベートーヴェン・イヤー…これについては、もはや何も書かないかもしれません(笑)
というわけで、それではこれにて今年も一年、皆さま、どうぞよろしくお願いいたします!

この記事が気に入ったらいいねしよう!

Pocket

This entry was posted in パリで私が見つけたもの, 音楽. Bookmark the permalink.

コメントを残す