PariSnap!*ヴァンセンヌ〜みずうみのほとりで君の夢を見る…

昨日は最初からどうかしていた。待ち合わせの時間に、1時間も早くいってしまった。こういう時は、ふつうカフェで本でも読んで時間をつぶすといいのだが、ここからなら、少し歩けばヴァンセンヌの森にも行けることを思い出した。僕は森を選んだ。

le lac外周を並足でやってくる子どもたちの乗った馬の行列をやり過ごし、森の中へ入っていった。いい天気で陽射しが明るかった。しばらく散歩したあとで、みずうみのひとつへいってみることにした。

たぶんこっちだ、と小道を歩いていくと、森の向こうに静かな水面が現れた。岸辺のひとつの陽当たりのいいベンチ。上手いぐあいに空いていた。待ち合わせまでは、まだ40分以上。少し本でも読もうかと僕は水辺に腰を下ろした。静かだった。森を渡る鳥の鳴き声、水鳥の水面で立てる音…。Du soleil. J’étais perdu dans mes pensées…. 僕は大きく息をついた。そしてふと時計に目をやって、僕は我が目を疑った。1時間近くが過ぎていた。夢でも見てるみたいだった。時計が壊れたのかと、ちょっとしばらく考えた。本は開いてもいなかった。完全に、時間の感覚を失っていた。時の止まったようなのどかさだ、とは思っていたがそれにしても…。
ほんとに疲れているんだなぁ、とあらためて思った。
——僕らには、休息が必要だ…。

待ち合わせには、結局、遅刻だった。

         ((((( さあ、森のなかへ…。)))))

into the wood

表紙画像

平中悠一最新刊 『失われた時のカフェで』予約受付中!

ネット上では紀伊国屋書店で!(送料無料)
予約についての情報はこちら
『失われた時のカフェで』最新情報はこちら

This entry was posted in PariSnap!. Bookmark the permalink.

Comments are closed.