近刊 パトリック・モディアノ『失われた時のカフェで』原著者プロフィール

近刊 パトリック・モディアノ『失われた時のカフェで』、原著者のBio、原稿を確認しました。こんな感じが基本になると思います;)

パトリック・モディアノ(Patrick Modiano)小説家。1968年、La Place de l’etoileでデビュー。1978年、ゴンクール賞(Rue des boutiques obscures)、1996年、フランス文学大賞(全作品)等々。『生きている最も偉大なフランス作家』とまで称される高い評価を不動のものとすると同時に、簡潔な文体と繊細な時間感覚で独特のミステリアスな作品世界を築き、現代フランス最高の人気を保つベストセラー作家でもある。1945年生まれ。

ミステリアスな作品世界、といういい方は、あまり的確ではないし、ちょっと俗っぽいかなぁ、とも思うのですが。。。でも、まぁ、親しみやすいかなぁ、とも思います;)

後記:『失われた時のカフェで』刊行後の読者のみなさんの感想を拝見していると、パトリス・ルコントの映画との近親性や連想に言及されているものがわりとありました。たしかにルコントはモディアノ作品を映画化していますし、ルコントのファンは日本でも多いようですから、本来は略歴にも記述するべきだったと思います。機会があれば、この点、盛り込んで改善したいと思います。(15/07/2011)
…とりあえず、上記の点をふまえ、パトリック・モディアノの紹介ページを開設しました!モディアノ愛読者のみなさんからのコメントもお待ちしております。(17/07/2011)=> PATRICK MODIANO Japon

This entry was posted in 『失われた時のカフェで』, パトリック・モディアノ, 翻訳. Bookmark the permalink.

Comments are closed.